アクセスカウンター
  • 1328465総アクセス数:
  • 40今日のアクセス数:
  • 949昨日のアクセス数:
  • 1現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
ゴムボート

ゴムボート・バルブ周りからのエアー漏れ修理方法

AFボート

こんにちは、D2です

 

バルブとボート生地との密着が悪くバルブの周りからのエアー漏れが起こることがあります。

ボート購入から3年目に2箇所のバルブからこのようなエアー漏れの症状が出て、自分で直した修理方法をアップします。

まず、バルブの締め付けが甘くなっていないか専用の器具を使って確認してみましょう!

締め付けが甘くなっていた場合は締め付けるだけでエア漏れが直ることもあります。

定期的な緩みチェックが必要です!

エアーバルブの分解

ボート購入時に補修セットの中に入っているこの器具を使ってエアーバルブを外します。

 

エアーバルブの内側の溝に合わせて左回りに回すと緩みます。

注)かなり硬く締まってて器具が破損するケースもあるので緩まない場合は無理をせずにメーカーに出した方が無難です。

また、エアーバルブ側の溝が破損した場合はボート生地切開等、修理に困難を極めるケースもあります。

 

生地と密着するエアーバルブ内側。

一番内側の円周と二番目の円周で締め付けている構造です。

段の形状を見ると面ではなく線(角)締め付けています。

 

締め付けられていた部分に型がついてます。

ゴムボートは膨らましたり縮めたりを繰り返しますから使っているうちに密着度が悪くなりエア漏れが起こり易くなります。

PVC生地を貼る

エアーバルブの取り付け部分周辺は密着度を高める為に生地を2重や3重にして貼ってあります。

もう1枚追加で貼ります。

 

使用する接着剤はスリーボンドファインケミカル社のパンドー156A

PVCの接着にはこのボンドが最強です!

ホームセンターにはなかなか売ってないので基本ネット入手となります。

注)接着剤選びは重要ですので用途に合ったものを使いましょう。

 

生地の裁断・張り合わせですが、エアーバルブの内径を正確に計ります。

コンパスを使い補修生地にカットラインを書きます。

密着度を上げる為にバルブの内径に対して若干きついくらいになるように調整し生地をドーナツ状に裁断します。

カットした生地をバルブに嵌めてみて大丈夫なら穴の位置を正確に合わせ生地を貼ります。

画像はエアキールのバルブ。

赤い部分が追加で貼った生地です。

24時間乾燥後にエアーバルブを元通りに締め付けると漏れは止まりました。

ボート本体チューブ、前側のエアーバルブ。

バルブの周りの赤い丸い円の部分が追加した生地です。

このエアーバルブもエア漏れしていましたので、同じ要領で生地を追加し漏れは完全に止まりました。

 

 

ゴムボートを綺麗に修理するコツ・パーツはがれ/トランサムはがれ【ゴムボくらぶ】ゴムボート修理の綺麗な修理法を書きました。この記事を読めば簡単に綺麗に修理ができます。...
AFボート
AFボート・AF305のインプレ/レビュー【ゴムボくらぶ】AFボート・AF305のレビューです。...
ゴムボートの寿命はいつ?PVC の特徴やCSMの特徴【ゴムボくらぶ】PVCとCSMの特徴や寿命についての内容と、おすすめのPVCボート。Jキャット-305を紹介しています。...

ゴムボートカテゴリー一覧

 

まとめ

ボート生地の補修は間違えたやり方でやるとその性質上、再接着が難しいですので漏れている状況から正確な補修方法を判断する事が大切です。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】