アクセスカウンター
  • 1279067総アクセス数:
  • 778今日のアクセス数:
  • 1648昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・ここからオイルが漏れるとは!【山口県下関市・Mさん】

ゴムボくらぶです

 

山口県下関市のMさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ

 

 

型式:BAAC(BF2DH)

製造年月:2018年11月

 

ホンダ2馬力・ここからオイルが漏れるとは【山口県下関市・Mさん】

2018年製と新しい年製ですが、各部はどんな状態でしょうか!?

 

イグナイター、これだけ良く錆びるのだからメーカーもステンレスにすれば良いのにと思います。

後でメンテナンスしましょう。

 

エンジン下ろしました。

この年製になると最初からステンレスヘッドカバーです。

 

クラッチケース内部を見るとオイルが入り込んで濡れています。

 

クランクシールからの漏れか!?

とまずは考えますが。。。

 

クランクシールを点検しても漏れはありません。

 

では一体!?

 

この画像の中に漏れの原因があります。

 

正解はフィーラーキャップのパッキンです。

こんなとこから漏るものなのか!?

と思いますが実際漏れています。

実は他の機でもこのパッキンから漏れたという報告があります。

 

ここから漏れたオイルが最終的にどこに行くかというとクラッチケースに入ります。

クラッチケースとエンジンとの接地面は一段上がっているので、中には入らないだろうと思ってしまいますが、少しづつ中に入るようです。

 

幸いにもクラッチシューのオイル染みは表面だけでしたので清掃で大丈夫です。

クラッチケース内部を清掃しオイルフィーラーのパッキンを交換します。

 

タペット調整をしておきましょう。

液体ガスケットは密着性が高い1215がおすすめです。

このぐらい塗りますョ。

 

 

お次は燃料系のメンテナンスです。

 

チャンバードレンが真鍮タイプでしたので入庫時にMさんとお話してチャンバー交換してステンドレンタイプに交換するようにしました。

 

 

燃料フィルターは結構汚れてました。

清掃しておきます。

 

アチャ~、残念ながらギヤオイルが白濁しております。

 

海水混入箇所は恐らくここです。

ドライブシャフト側のオイルシール。

 

ペラ側のオイルシールって二重構造になっているのでそうそう逝きません。

ドライブシャフト側のオイルシールはモロ露出しているので、離着岸時に砂を巻き上げるとオイルシールの上に砂が乗ります。

そしてその砂が回転するドライブシャフトとオイルシールの間に入ってゴムに傷が入ってしまいダメになるのです。

離着岸時はなるべくロアケースを砂に近付けない方が良いですね。

ホンダユーザ―の方、ご参考に。

 

両方とも交換します。

 

オイルシールを外したところ。

 

ここでも1215液体ガスケットが活躍します。

 

上の写真のように船外機はオイルシール外周に塩が入り込みますので、液体ガスケットを塗って気密性を高めておいた方が安心です。

 

オイルシール羽根の傷つき防止に内側にはシリコングリスを塗っておきます。

 

排気管は塩結構ついてました。

今ならまだ復活できます。

 

オケィ!

 

イグナイターはこんな状態でした。

写真は撮ってませんがバッチリメンテナンスしておきました。

 

その他の作業

●シャーピンが曲がってましたので交換しました。

●ステンレスネジ化

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて1~2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

アイドリングでエンジンが止まるようになってしまったホンダ2馬力【山口県周南市・Yさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】