アクセスカウンター
  • 1517379総アクセス数:
  • 593今日のアクセス数:
  • 1165昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
カテゴリー
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・購入から1年でオイル漏れ・原因は一体!?【岡山県岡山市・Uさん】

ゴムボくらぶです

 

岡山県岡山市のUさんからホンダ2馬力の修理・メンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

購入から1年と新しいですが、アクセル全開にするとクラッチが滑ってスピードが出なくなるとのこと。

Uさん自身でエンジンを下ろして原因を探ってみたらしく、エンジンオイルが漏れておりクラッチケース内にオイルが溜まっているらしいです。

その他、おまかせコース承りました。

 

オイル漏れ修理・おまかせ

 

型式:BAAC(BF2DH)

製造年月:2021年07月

 

ホンダ2馬力・購入から1年でオイル漏れ・原因は一体!?【岡山県岡山市・Uさん】

エンジンオイルが漏れていると聞いてますのでまずはエンジンを下ろしました。

 

クラッチシューのアップ

真っ黒になってますね。

フムフム。。。

 

クラッチシューが当たる相手側。

こちらも真っ黒になってます。

ゴムのカスのような物がたくさんあります。

 

オイルシールを見てみると予想通りここから漏れてますね。

 

オイルシール交換完了。

 

クラッチシューも交換です。

 

購入から1年ですが各部の状態から使用頻度は高いのが分かります。

この機会に各部をメンテナンスして1回リセットしておきましょう。

 

タペットのクリアランスは基準値の範囲より広くなってましたので調整しておきました。

 

ステンレス化もしながら組み上げてます。

 

エクステンションケース内部には結構塩が溜まってました。

 

ケース内部から出てきた塩

走行中に異音がしているかもしれないと言われておりましたが、固まった塩は石のように固いのでこういった塩からシャラシャラ・カラカラと異音がしていたのかなと思います。

 

ドライブシャフト・マフラー共に錆びてますが、今ならまだ戻ります。

 

このように。。。

 

キャブレターの清掃もしておきましょ~

 

パイロットスクリュー汚れてます。

デリケートなパーツなので少しの汚れでも不調に繋がりますのでしっかりと清掃しておきます。

 

カウルの外からでもガソリンの残量が分かるようにカスタムされています。

これは便利ですね!

 

錆びていたイグナイターも綺麗になりました。

 

ロープ交換

 

ギヤオイル交換

白濁無し

シャーピンは少し曲がってたので交換しておきました。

 

オイルシールがダメになってしまった原因は!?

 

購入からまだ1年なのに何故オイルシールがダメになってしまったのでしょうか?

ゴムボ、考察します。

 

当初、漏れたエンジンオイルが付着してこのように黒くなってしまったのかと思いましたがどうも違うようです。

クラッチケースはオイルで黒くなったのではなく焼けています。

そして、ケース内部に散乱したゴムのカス。

 

組み上げ後にエンジンを始動してみるとアイドリング回転数が高い。

アイドリングで2300~2400回転ありペラが動いています。

クラッチが繋がるのが2350~2400回転ぐらいなので、丁度繋がるか繋がらないかといった状態です。

この状態だとクラッチシューが摩擦で熱を持ってしまいます。

 

クラッチシューが摩擦で熱を持つ→その熱がオイルシールまで伝達される→オイルシールがイカれる→オイルシールのリップ部分がダメになってカスが飛び散る

という流れだと思います。

 

アイドリングが高いと始動性は良くなりますが遠心クラッチという方式故に、高くし過ぎるとこういった弊害が出てきます。

当然、アクセル操作で船を立てるとか微速で流し釣りをするとかそういった釣り方にもリスキーです。

 

ホンダ2馬力のアイドリング回転数の基準値は2000回転です。

アイドリング回転数は一定ではなく多少は上下しますが、2100回転台までで調整した方が良いです。

以上、ゴムボの考察でした。

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力・中古購入は最初にメンテナンスをしましょう【山口県下関市・Nさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】