アクセスカウンター
  • 1443969総アクセス数:
  • 613今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 12現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
トーハツ2馬力

マーキュリー2馬力・ここまでやっときゃ安心でしょう!【福岡県北九州市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県北九州市のYさんからマーキュリー2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

つい最近Yさん自身でインペラ交換をしたとのことですが、その時にインペラピンを紛失してしまったらしくその他の部分も含めてご依頼いただきました。

 

おまかせ

 

 

型式:3BV(F2M)

製造年月:21年6月

 

マーキュリー2馬力・ここまでやっときゃ安心でしょう!【福岡県北九州市・Yさん】

21年製のA型エンジンになります。

元々淡水で使われていた物ということですので塩嚙みは少なそうです。

 

まずはインペラをバラします。

正規のインペラピンを紛失したのでこれは若干大きな違うピンが入っています。

正規のピンに戻します。

 

インペラはYさんが交換しているので、ここちらでは交換はぜずそのまま使います。

シフトのOリングは交換してないかな?と思い、交換しておきました。

 

塩嚙み防止処理をして組付けます。

 

シフトレバーの動きが固かったので分解メンテナンスをしておきます。

 

ん??

 

あれ、検水口に塩の結晶が嵌ってます。

検水口が詰まって水の出が悪い時ってこんな状態なんです。

下から棒で付いてやれば出るようになりますが、直ぐ横に落ちるだけなので後にまた吸い込まれて詰まる可能性があります。

 

ウォーターパイプのグロメットが劣化状態。

 

ウォーターパイプの状態があまり良くないのでトラブルを未然に防ぐ意味でパイプごと交換しておきます。

ウゥーターパイプを注文するとグロメットも付いてきます。

 

さて、シフトレバーを抜きましょう。

 

こんな感じでございます。

 

ここ最近はシフトレバーの固着修理はオリジナルのやり方でやってます。

普通のやり方で修理しても使用状況によってはまた固着するのでオリジナルのやり方でします。

オリジナルのやり方だと、今後はもうそうそう固着しません。

 

グリスニップルが無い年製ですので追加加工をしておきます。

 

オケィ

 

首の動きがかなり悪く、これは舵切りにおいてかなりのストレスになります。

 

ブッシュを交換しておきましょう。

 

いい感じ

 

淡水で使っていただけあって塩害は少ないですね。

 

 

 

タペット調整しときましょ。

 

お次は燃料系のメンテナンスです。

 

各部のゴム類が結構硬化しているので燃料ホースやフロートバルブを交換しときます。

 

 

その他の主な作業

●サーモスタット点検OK!

 

エンジンオイルドレンボルトが舐め気味だったので交換しておきました。

 

●スターターロープ交換

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●シャーピン交換

 

試運転

【冷間始動】1~2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力・海上でこの故障は恐ろしい!【福岡県福岡市・Kさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】