アクセスカウンター
  • 1385076総アクセス数:
  • 587今日のアクセス数:
  • 1512昨日のアクセス数:
  • 4現在オンライン中の人数:
重要なお知らせ・ゴムボくらぶ独立します!
【中古船外機販売】
カテゴリーはこちら
マーキュリー Sea Pro 9.8馬力

淡水使用のシープロ9.8馬力・今のうちにヘッドガスケットを交換しておきましょう!【鹿児島県鹿児島市・Kさん】

ゴムボくらぶです

 

鹿児島県鹿児島市のKさんからマーキュリーシープロ9.8馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

今回、InstagramのDMからご連絡いただきました。

ありがとうございます。

 

数年前に淡水使用ということで購入されたシープロ9.8馬力

購入後は使わず保管していたとのことです。

こから使うにあたって、最初にしっかりとメンテナンスをしておこうということで鹿児島から送っていただきました。

 

おまかせ

 

 

型式:3K9

製造年月:平成19年1月

淡水使用のシープロ9.8馬力・今のうちにヘッドガスケットを交換しておきましょう!【鹿児島県鹿児島市・Kさん】

分解前にちょっとエンジンを掛けてみるとスムーズにエンジンが掛かりました。

サーモスタット開閉用の検水はほぼ出ていなく、これがサーモスタットが閉じている状態になります。

 

暫くエンジンを掛けていると内部の水温が上がってこのように勢いよく出始めます。

これがサーモスタットが開いた状態です。

 

サーモスタットは正常に動作しています。

 

さて、ヘッドカバーを開けてガスケットの交換とボルトのグリスアップをしておきますが、ヘッドボルトは緩むか!?

このエンジンを観察するとガスケット部分からの塩吹きが無いため、本当に淡水使用のみで使われていた個体のようです。

 

無事ヘッドボルト外れました。

この11本の中で1番固着し易いのが真ん中のボルトで、これが緩んだらだいたい他のも外せるケースが多いです。

 

塩害が無いのでサーモスタットも綺麗なもんです。

 

ヘッドカバー側

このガスケットがダメなんですよね。

組付けは塩噛み対策されたガスケットになりますので今後は安心です。

組み上げる前にピストン上面と共に付着したカーボンを綺麗に落としておきましょう。

船外機ってわりと高回転まで回すわりにはカーボンの付着が多い印象です。

2ストの場合は船外機用のオイルが濃い目なのも要因だと思います。

 

淡水使用なので当然ですが水路も綺麗です。

てか、このシープロ全体的にめちゃめちゃ程度が良いデス!

こういったのを引くとアタリ個体だなぁ~

 

塩噛み対策されたヘッドガスケット。

このガスケット組んでボルトをグリスアップしていればまず大丈夫でしょう。

ちなみにヘッドボルトは締める順番が決まってます。

 

綺麗な状態のキャブレターですが一通り清掃しておきます。

 

 

本体経路を綺麗に清掃して。。。

 

ジェット類も綺麗に綺麗に。。。

現状でも問題無くエンジン掛かってましたが、やや薄目の燃調だったのでBESTセッティングに調整しました。

 

今回エンジンは下ろしませんが、こういったボルトは固着し易いので今のうちに一度取り外してグリスアップしておきます。

 

インペラ交換

 

シャフトのグリスアップをしておきましょう。

 

元々付いていたトリムタブを他の船外機に使ったとのことでしたので、新たにトリムタブを取り付けました。

 

純正の8.5ピッチ→7.5ピッチへと変更をして欲しい言われていたので、7.5ピッチを注文して変更しました。

 

ギヤオイル交換

白濁はありませんでした。

 

アクセルワイヤーのグロメット、これ弱いですね。

 

ヨシッ!

 

スターターロープ交換

 

ロアケースからブラケットへと繋がる中間固定ポイントのボルトが緩んでたので締めておきました。

このボルト緩んでいるとブラケット周りの防錆効果が無くなってしまいますので、ちょっとしたことですが重要なんです。

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】