アクセスカウンター
  • 2075370総アクセス数:
  • 806今日のアクセス数:
  • 1056昨日のアクセス数:
  • 9現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
ホンダ2馬力

5年間眠っていたホンダ2馬力をメンテナンスします!【山口県下関市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

山口県下関市のYさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

5年ほど倉庫に保管しておいた船外機とのことで、エンジン始動を試みるも掛からず。。。

ということでご入庫いただきました。

 

おまかせ

 

 

では、見ていきましょう!

 

 

型式:BZBF(BF2D4)

製造年月:18年7月

 

5年間眠っていたホンダ2馬力をメンテナンスします!

年製のわりに錆も少なく綺麗な状態です。

あまり使い込んではいないようですね。

 

エンジン本体も綺麗なもんです。

エンジンの取り付けボルトも錆はあるものの、腐食などはないので楽に緩めることができそうです。

 

5年間保管されていたキャブレターの内部は一体どんな感じになっているのか!?

 

劣化したガソリンが溜まっています。

 

メインジェット完全に詰まってますね。

メインノズルが貼り付いておりなかなか抜けませんでしたが、何とか抜くことができました。

キャブレターは全バラ出来るかがどうかが重要で、全バラ出来れば殆どのケースで現物メンテナンス可能です。

幸いにも全バラできたので復活させることが可能です。

 

真っ黒だったパーツも強力キャブクリーナーに漬け込むことで汚れが落ちて本来の色に戻ります。

 

メインジェットの穴も開いて綺麗になりました。

 

ガスケット類やチャンバーを交換してバッチリです!

 

その他、燃料系は全てメンテナンスしてます。

 

こちらエンジン本体

ヘッドカバー、錆びてはいるものの軽症です。

 

タペット調整をしてステンレスヘドカバーに組み替えます。

 

液体ガスケットを塗ってヘッドカバーを取り付けます。

 

立派になりました。

 

排気管の塩も少なめですね。

 

綺麗に、綺麗に。

 

ロアケースはボルトが固着しておりましたので外せずでした。

ギヤオイルの白濁はありませんので、現状ロアケースは無理に外す必要はありません。

この部分は必要に迫られた時で良いと思います。

 

その他の主な作業

●スターターロープ交換

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●各部グリスアップ

●プラグ交換

 

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて2回で始動

【温間始動】アイドリング位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力のメンテナンス【山口県下関市・Sさん】

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】