アクセスカウンター
  • 1443983総アクセス数:
  • 626今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 13現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
ホンダ2馬力

ギャ~!ホンダ2馬力が水没してしまった~!【福岡県中間市・Oさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県中間市のOさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

着岸時にうっかり船外機を水没させてしまったとのことです。

急いで海中から引き上げて、エンジンを掛けてみたところ掛かったらしい。

 

大丈夫かな?

エンジン掛かるかな?

と掛けてみたい気持ちは分かります。

しかし、修理前に掛けてしまうと海水が入っていなかった部分にまで入っていくのでエンジンは掛けない方が良いです。

 

そして、水没は早く処置をすることが最重要です!

海水が乾いてしまうと、どんどん錆・固着が重症化します。

今回、水没後直ぐにご入庫頂きました。

 

では、処置していきましょう。

 

水没修理・おまかせ

 

 

型式:BAAC(BF2DH)

製造年月:2017年05月

 

ギャ~!ホンダ2馬力が水没してしまった~!【福岡県中間市・Oさん】

海中に浸かっていたいた時間は数秒ぐらいだったとのことです。

水没したら1秒でも早く引き上げた方が良いです。

 

オイル窓から量や色を確認しようと思ったら、ガラス自体が着色されて茶色くなっており中の状態が良く分かりません。

これ、ガラスの上の方までオイルが入っているのではないのです。

 

今回、水没修理と一緒に各部のメンテナンスも行います。

プラグもイグナイターも良く錆びてますね。

 

 

水没すると必ずと言って良いほどクラッチケース内に海水が入ってしまいますが、今回クラッチシューは濡れていないようです。

 

お!

少し海水が入っているものの浸かるまではなく軽傷です。

早く引き上げたのが良かったですね。

 

ベアリングの中までは入っていないようでしたが、水没するとこのベアリングは最も固着し易いため念のため分解清掃&グリスアップをしておきます。

 

症状がもっと酷かった場合は交換になります。

このベアリング単体では販売してなく周りのカップとセットとなり、わりと高い部品代になります。

今回、現行メンテナンスで済んだので良かったです。

 

エンジンオイルを抜いてみます。

エンジンオイルに海水が混じった形跡は無く中までは入っていないようです。

運良く吸気・排気バルブが閉じてた状態だったか!?

クランク室に海水が入る流路としてはブローバイホースからも入ります。

 

こちら、排気バルブ。

排気管を通して少し海水が入った程度ですね。

吸気バルブ共に錆びないように処置しておきます。

水没修理のやり方は状態によって違いますが、今回は運よく症状が軽いです。

 

プラグホールからエンジンコンディショナーを噴射して燃焼室の清掃をしておきます。

カーボンも溜まってますので綺麗になりますョ。

 

組み上げてエンジン始動後の写真ですが綺麗になりました。

エンジンの調子も以前より良くなったことでしょう。

 

ヘッドカバー交換時に内部を見ましたが水分などはありませんでした。

タペットのクリアランスが基準値外でしたので調整。

 

こちら、オイル窓単体です。

ほら、外してもこの色のままでしょ。

何故、こんな色になるのかというとオイル交換の頻度が低いからです。

定期的にオイル交換をしないとこんなとこに弊害が出ます。

これでは、オイルの量や色が分からなく管理ができませんので窓を交換します。

 

これでキッチリ管理ができます。

今度からちゃんとオイル交換してくださいねw

 

燃料系のメンテナンスをしておきます。

キャブレターは絶対海水が入ってますね。

 

燃料タンク内部のガソリン

水分の玉が底に沈んでますね。

 

燃料フィルターも綺麗に綺麗に。

 

コイツも当然やっときます。

 

その他の主な作業

 

海水に浸かると各部にある金属部分や電気端子などが錆びて(腐食)しまいますので念入りに水洗いしておきます。

 

リコイルは水没させて塩抜き

 

排気管カバーの溶接が外れてましたので再溶接しておきました。

 

付いていたプラグ

錆も凄いですが注目すべきは電極の間にある異物

これで良くエンジン掛かってたなぁ~とビックリ!

 

エクステンションの首の動きが異様に悪かったため、分解清掃したら快適に動くようになりました。

 

●スターターロープ交換

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

 

完成~

 

各部、動きが悪い部分が多かったためスキルの限り手を入れときました。

これで、以前に増して快適に使えるようになったと思います。

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

暫く使っていなかったホンダ2馬力のエンジンが掛からない【福岡県福岡市・Kさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】