アクセスカウンター
  • 1279080総アクセス数:
  • 791今日のアクセス数:
  • 1648昨日のアクセス数:
  • 6現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
トーハツ5馬力・6馬力

トーハツ6馬力の定期メンテナンス【福岡県北九州市・Oさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県北九州市のOさんからトーハツ6馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

Oさんのトーハツ6馬力は定期的にメンテナンスに入れていただいており、今回も定期メンテナンスとなります。

不調も無く調子良く使えているとのことで、メンテナンスをしている私としても嬉しい限りです。

船外機は陸上で使う車とは違い不調になる前のメンテナンスが基本です。

では、一通りチェックしていきましょう。

 

おまかせ

 

 

 

型式:3JE(MFS6C)

製造年月:27年8月

 

トーハツ6馬力の定期メンテナンス

 

前回、インペラを交換して2年です。

もう1年ぐらい大丈夫かな?と思いますが、

インペラの金額なんて大した金額ではありませんので安全のために交換しておきます。

私がインペラ交換した機は固着防止処理をしており塩嚙みしていないので、安心してバラせます。

 

2年使ったインペラはこんな感じ。

インペラは切れてしまってから交換はやっかいです。

破片を全て探し出し、パズルのように組み立てて完成させないといけませんからね。

 

シフトOリングが塩嚙みしてます。

この部分は塩嚙みし易く、進行していくとギヤオイルに海水が侵入します。

しっかりとメンテナンスしておきます。

 

海水の混入は無し。

 

インペラを交換したのでまた暫く安心です。

 

サーモスタットの点検をしておきましょう。

設定温度できちんとサーモタットが開いており正常でした。

 

表示が大きくて見易くて自動電源OFFなこの水温計は使いやすくておすすめですョ

年を取ると表示が大きいというのも選ぶ基準に入ってきますw

 

サーモスタットケース内部は結晶も溜まっていなく綺麗な状態でした。

 

お次はキャブレターの清掃をしておきます。

 

見た感じ内部が汚れているということはありませんでしたが、細かい経路などは目視では確認できませんので信頼できるキャブクリーナーでキッチリ経路の通りをを確認しながら清掃します。

 

その他の主な作業

ホースクリップに錆びがでていますね。

こういった部分は直接不調につながるものではありませんが、大事な船外機を綺麗に保とうと思ったらこういったところも見逃せません。

私がメンテナンスさせていただいている船外機はいつまでも良い状態を保つという気持ちでやっております。

自分の船外機のように。。。

性格が出ますねw

 

おけぃ!

 

こういったところも気になります。

 

ボルト交換して綺麗になりました。

 

グリスも注油しておきます。

 

 

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●スターターロープ交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いて1~2回で始動

【温間始動】RESTART位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

 

ご利用ありがとうございました。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】