アクセスカウンター
  • 1597251総アクセス数:
  • 1000今日のアクセス数:
  • 1135昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
カテゴリー
ヤマハ2馬力(2st)6A1

ヤマハの6A1をメンテナンスいたします!【兵庫県佐用郡・Nさん】

ゴムボくらぶです

 

兵庫県佐用郡のNさんからヤマハ2馬力2ストのメンテナンス依頼を頂きました。

去年はマーキュリー2馬力(2st)のメンテナンスもさせていただきましたので、今回2回目のご利用となります。

いつもありがとうございます。

 

おまかせコース

 

 

型式:6A1K

製造年月 2004年9月

ヤマハの6A1をメンテナンスいたします!【兵庫県佐用郡・Nさん】

6A1は過去入庫したことがなく、メンテナンスをするのは初めてになります。

一昨年に中古購入されたそうなんですが、購入時から画像のようにプラグカバーが切れていたとのことで今回のメンテナンスで交換することにします。

 

私がヤフオクやメルカリに出品しているスロットル化セットをご購入頂きスロットル化をされております。

マーキュリー用で販売していますがヤマハ2馬力にも取り付け可能です。

 

ギヤオイルを抜いてみると見事に白濁しておりました。

オイルシールは消耗部品なので仕方ないですね。

 

ドライブシャフトが直接水に浸からないように二重構造になっております。

流石のヤマハ

 

インペラを交換するにはギヤケースを分解しないといけない構造になっていました。

この設計はちょっとイマイチですね。

 

ついていたインペラ

前オーナー様からの情報によると今から約2年前にインペラ交換をしているとのことです。

インペラは安全を考えて2年に1回の交換を推奨しています。

 

ケース内部の様子

塩や汚れが付着しています。

 

清掃しました。

やや腐食しておりますがロアケースを交換するほどでもないので、臨機応変にアドリブを効かせながら組んでいきます。

 

二重構造故にこちら側にもオイルシールが入っております。

 

過去、交換していないであろうオイルシール。

 

こういったボルト穴はどんどん塩が溜まっていって固着の原因となりますので、しっかり塩清掃をしておきます。

 

ウォーターパイプのグロメット回りもだいぶ汚れが溜まっていたので清掃しておきます。

 

スッキリ!!

当たり面の面出しもしときました。

 

ビフォー

 

アフター♪

こちらも綺麗になって気持ち良い。

 

燃料系の清掃です。

キャブレターも綺麗になりました。

 

燃料フィルターは結構汚れてました。

 

今回プラグ交換しますが、どれぐらい汚れてるのかなと思って清掃してみたらこれだけカーボンが出てきました。

 

上が付いていたスターターロープで下が正規のロープ。

上のロープでも使えますが、せっかくなのでこの機会に正規の太さに交換しておきました。

 

Nさんのご希望で、

細いグリップから。。。

 

太いグリップへと変更

 

ヘッドボルトなと固着し易いボルトのグリスアップなど。

 

テストオッケーデス!

 

ご利用ありがとうございました。

 

またまたヤマハの2馬力2ストのメンテナンスデス!【岡山県岡山市・Nさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】