アクセスカウンター
  • 1443930総アクセス数:
  • 573今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 16現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・インペラボルト折れからのギヤオイル白濁【大阪府泉佐野市・Kさん】

ゴムボくらぶです

 

大阪府泉佐野市のKさんからトーハツ2馬力の修理依頼を頂きました。

発送にてのご依頼です。

ありがとうございます。

 

ギヤオイル白濁・その他おまかせ

 

Kさんのトーハツ2馬力は以前もメンテナンスさせていただきました。

Kさん自身でインペラを交換した際にインペラボルトが1本折れてしまったとのことです。3本締めで暫く使っていたものの、最近ギヤオイルが白濁しだしたとのことでご入庫となりました。

 

では、見ていきましょう!

 

型式:3BV(MFS2B)

製造年月:27年5月

 

トーハツ2馬力・インペラボルト折れからのギヤオイル白濁

折れボルトが抜けなかったらロアケース交換になりますが、スキルの限りを尽くしてやっていきましょう。

 

折れボルトは画像右下になります。

ポンプベース、だいぶ腐食していますね~。

交換しましょう。

 

ポンプベースを抜いていきます。

 

ポンプベース抜けました。

折れボルトのネジ山を見ると塩が凄いですね。

 

そして、無事折れボルトを摘出成功

あっ、ポンプベースを外しても簡単には抜けませんので誤解のないように!

 

海水混入の可能性がある消耗部品は全て交換していきます。

 

プロペラシャフト側のオイルシール

 

海水に浸かる部分のオイルシールは外周に塩が入り込み結晶化しますので液体ガスケットを塗っておきます。

 

スリーボンドの1215がおすすめ!

 

内側はシリコングリスね

 

組む前は綺麗にします

うん、良い状態。

 

インペラも新しくなって、ビューティフル。

ポンプベースを交換するドライブシャフト側のオイルシールは組付け済みになります。

 

塩嚙み防止処理をしていますので、次回インペラ交換時は塩嚙みレスで作業できますョ♪

 

ロアケースを組もうとしたらドライブシャフトの入りが固い。

これはクランクケースヘッドをメンテナンスしないとダメだと判断しました。

 

 

クランクケースヘッドは以前から一部割れていたのですが今回交換することにします。

 

グリスが土のようになっています。

 

こちらも液体ガスケットを塗ってから組付けます。

 

オイルシールから外の部分のクランクシャフトがだいぶ錆びてます。

 

スプラインを念入りに清掃しときます。

 

今後、この部分に海水が浸透しないように強化処置をしますが更に液体ガスケットで巻いておきます。

これで大丈夫でしょう

 

その他の主な作業

●キャブレター清掃

 

外部から給油できるよう加工している部分があるのですが、その根本の所からガソリンが漏れていましたので補修しておきました。

漏れSTOP!

補修に使ったのは金属用のエポキシですが、なかなか万能なやつでスタビライザー跡の穴埋めなどにも使え1本持っておくと何かと便利ですョ!

コチラ↓↓↓

 

●シフトレバーはスムーズに動いていましたがエンジン下ろしついでにオーバーホールやっておきました。

 

●サーモスタット点検OK!

●プラグ点検OK!

●スターターロープ交換

●ギヤオイル交換

●ハンドルブッシュ交換

●アノード交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて3~4回で始動

【温間始動】RESTART位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ドライブシャフトを抜いてみるとアララ酷い状態だった【福岡県北九州市・Nさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】