アクセス集計
  • 11現在オンライン中の人数:
  • 993今日のアクセス数:
  • 1001昨日のアクセス数:
  • 516072総アクセス数:

トーハツ2馬力

シフトレバーが完全固着のトーハツ2馬力の修理【福岡県北九州市・Iさん】

こんにちは、ゴムボくらぶ(@gomubo_club)です

 

福岡県北九州市・Iさんよりトーハツ2馬力の修理依頼を頂きました。

 

不調の症状

一般的なメンテナンスとグリスアップという内容でご依頼を受けたのですが、お持ち込み時にシフトレバーを確認してみると完全固着しており、ニュートラルの位置から全く動きませんでした。

年数的に見てインペラも交換しておいた方が良いということで今回インペラ交換もします。

 

使用していない期間が長かった船外機のようです。

 

 

 

製造年月:27年10月

型式:3BV(MFS2B)

 

 




インペラ交換

まずはインペラ交換からやっていきます。

鬼門のボルトは無事緩むかな?

 

一撃必殺で無事外れました。

2本の塩噛みが酷いですね。

過去何機もトーハツ2馬力のこのボルトを外して思うのが

何故かウォーターパイプ側のボルトが特に塩噛みしていることが多いです。

今回の2本もその位置のボルトです。

 

これが付いていたインペラです。

そんなに痛みは感じませんが経過年数的に見れば交換しておいた方が安心ですね。

 

ねじ山に塩、モリモリ

 

インペラケースのシフトロッドのOリングも2つ交換して組み上げます。

 

シフトレバー固着修理

さて問題のシフトレバー

ガッチガチに固着しており全く動きません。

 

グリスニップルが付いている年製ですがこのように錆びてしまっているのでこれも交換します。

 

エンジンを下ろして戦闘開始です。

完全固着してしまっているこのシフトレバーをどうやって外すかは、すいません企業秘密とさせていただきますが、長年培ってきた自動車整備のスキルが役立ちます。

 

少しづつ抜けていきます。

 

1時間ほど掛かって無事抜けました。

 

耐水ペーパーで穴の内部を慣らします。

仕上げは#1000で。。。

 

Oリング2つを交換

シフトレバーには柔らかめなグリスを推奨します。

私はWAKO’Sのラバーグリスを使ってます。

 

グリスニップルも交換して綺麗になりました。

 

キャブレターの清掃

エアージェットも外して清掃します。

 

ジェットやノズルに詰まりはありませんでしたが綺麗に清掃しておきます。

 

 

燃料フィルターはゴミ少々。

パーツクリーナーで清掃します。

 

その他の作業

サーモスタット点検OK

 

このネジはサビサビですので交換しました。

あと、ノブが固着していましたのでちゃんと動くようにしておきました。

 

このノブも固着しておりましたので動くようにメンテナンス。

使わない期間が長いとこういった部分が固着しますのでしっかりとグリスアップを。

 

検水ホースが破れていたので交換しました。

 

これでバッチリです!

 

ロアケースの固定ネジ&アノードも交換しました。

錆が無くなると見違えるように綺麗になります。

 

ギヤオイル交換(ガスケット2枚交換)

シャーピンOK

プラグOK

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2回で始動

【温間始動】アクセルはRESTART位置にて1回始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

エンジン下ガスケットとサーモスタットのガスケットを入れ忘れてましたが、交換しています。

ご利用ありがとうございました。

 

Pick up!!
【同カテゴリー内の記事】