アクセス集計
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 74今日のアクセス数:
  • 1086昨日のアクセス数:
  • 599353総アクセス数:

トーハツ2馬力

アクセルを開けるとエンジンが止まるトーハツ2馬力を修理する【福岡県北九州市・Sさん】

こんにちは、ゴムボくらぶ(@gomubo_club)です

 

福岡県北九州市・Sさんよりトーハツ2馬力の修理依頼を頂きました。

 

不調の症状

アクセルを開けるとエンジンが止まりそうになる。

過去、インペラ交換してないとのことですので今回インペラ交換もして、その他の部分もお任せでコースです。

 

 

製造年月:22年11月

型式:3BV(MFS2B)

 

 

 




燃料タンクが割れている

分解前にまずは症状を確認してみようと燃料タンクにガソリンを入れてみるとジャバジャバ漏れてきます。

燃料タンク、首の部分が割れていました。

初期の頃のトーハツ2馬力は特にガソリンを入れっぱなしでエアーベントを閉めて保管していると内圧に耐え切れずにこの首の部分が割れます。

今は燃料タンクを注文すると対策されたタイプがきますが、それでも所詮プラスチックなのでなるべくならガソリンを抜くか少しエアーベントを緩めて保管しておいた方が無難です。

 

燃料タンク内のガソリンってどうやって抜くんだろう?

と思われる方も居ると思いますので一番簡単なやり方を説明します。

 

用意するのはプライヤーもしくはラジオペンチ。

 

【トーハツ2馬力の場合】

燃料コックはONの状態でエアーベントを閉めます。

そしてキャブに差し込んでいる燃料ホースを抜いてホースの先を携行缶に入れます。

そしてエアーベントを開ければ燃料タンク内のガソリンが携行缶に流れていきます。

これで燃料タンク内はほぼ抜けます。

抜き終わった後はコックをOFFにしておいてくださいね。

 

燃料タンクは当然交換します。

 

エンジンを掛けてアクセルを開けてみると、止まりそうになり症状は確認できました。

何らかの原因によって燃料が足りていない感じですね。

 

キャブレター清掃

エンジンの要、キャブを徹底的に清掃します。

 

ゴミが溜まってますね。

 

ジェット類に詰まりはないようですが清掃します。

 

 

 

キャブ本体のほうもしっかりと清掃します。

 

燃料フィルターが大変なことになってます!

これはなかなかの凄さですので、燃料フィルターは交換します。

燃料ホース内も清掃。

 

インペラ交換

インペラボルト

まぁまぁ塩嚙みしていましたが、難なく緩みました。

 

ついていたインペラ

上下が少し溶けてました。

 

ボルト穴の塩掃除をします。

 

アノードの塩嚙みが結構酷かったのでこちらもタップを立て直しておきます。

ボルトをグリスアップして組付けます。

アノードは磨きでOKでした。

 

新しいインペラを組みつけます。

シフトOリング小交換

 

ドライブシャフトスプラインのグリスアップも忘れずに。

 

サーモスタット点検

サーモスタット動作OKでした。

ガスケット交換

 

その他の作業

シャーピンが曲がっていたので交換しました。

 

この錆びボルト4本とロアケース固定の2本も錆びていたので交換しました。

このボルトは注文すると元のボルトとは違う錆び難い良い品質のものがきます。

元のボルトは9と刻印されていますが錆び難いボルトは10の刻印です。

ロアケースのボルトも同様です。

 

燃料タンク上のスポンジ

だいぶ劣化していたので交換しておきました。

劣化して黒いカスがボロボロとでてくると給油時にタンク内に入ってしまうこともあり得ます。

 

スターターロープOK

プラグOK

エンジンオイル交換

ギヤオイル交換(ガスケット2枚交換)

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2回始動

【温間始動】アクセルはRESTERT位置にて1回始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

アクセルを開けても不調は無くなりすこぶる快調になりました。

不調の原因はキャブの汚れ&燃料フィルターの詰まりです。

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力のシフトレバーが固い時はこうやります【山口県下関市・Fさん】

Pick up!!
【同カテゴリー内の記事】