アクセスカウンター
  • 2143353総アクセス数:
  • 809今日のアクセス数:
  • 722昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
トーハツ/マーキュリー2馬力/3.5馬力(4st)

トーハツ2馬力・いろいろ気になるところも完璧に仕上げます!【秋田県能代市・Sさん】

ゴムボくらぶです

 

秋田県能代市のSさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼をいただきました。

ありがとうございます。

 

以前に近場のマリンショップに修理・メンテナンスをお願いしたらしいのですが、高額料金を支払って直っていなかったということがあったらしいです。

そういった経緯もあり信用ならないということで、当ゴムボくらぶにご依頼をいただきました。

 

「船外機は命に関わる相棒」

送料がネックで近場に出すか

送料を掛けてゴムボくらぶに出すか

それは貴方次第です。

 

現在気になるところを多数お伝え頂いてますので、全てチェック&メンテナンスしていきます。

 

*当ゴムボくらぶでは依頼者様との信頼関係を第一に考えており、業務の透明性や入庫時の状態・作業内容の報告を目的として一部を一般公開しております(技術の漏洩防止として公開していない内容も多数ございます)

 

不調修理、おまかせ・オーバーホール

 

 

型式:3BV(MFS2B)

製造年月:30年5月

 

トーハツ2馬力・いろいろ気になるところも完璧に仕上げます!【秋田県能代市・Sさん】

さてバラしていきますが、燃料タンクの固定ボルトが珍しく3本中2本が固着しています。

ナット周りがプラで強度が無いためこういったケースは意外と外すのが大変です。

 

水路の砂や塩を気にされてました。

砂はありませんが塩は結構溜まってます。

砂は吸い上げているでしょうが最終的に排出されているようです。

 

ん?

 

赤丸は検水が出る部分です。

ゴミが吸い込まれて半分詰まってます。

こういったゴミは下から突いて一時的に検水の出が良くなっても、近くに落ちるだけなのでまた直ぐに吸い込まれて詰まってしまう可能性が高いです。

直ぐ右側はインペラから吸い上げられた冷却水が出るところです。

 

エンジン側も結構塩が溜まってるので清掃します。

使用回数のわりには塩が溜まっている印象ですが、原因は

自宅に持ち帰ってから塩抜きをしているとのことなので、その間に塩が結晶化しているためだと思います。

自宅に持ち帰ってから塩抜きをしているという船外機の水路を過去何機も見てきましたが、どれも塩が多めです。

陸上げ後はエンジンの熱によって結晶化が加速し結晶化したものは真水では溶けません。

使用環境の事情などもあるかと思いますが、現地で塩抜きをすることが理想です。

 

これはエンジン側に冷却水が入る水路です(直径5mm程度)

ゴミが詰まって半分近く塞がっています。

インペラが正常でもこういった部分が詰まっていると十分な冷却が出来ません。

 

サーモスタットケース内部

 

サーモスタット

 

開閉動作問題ありません。

塩清掃して綺麗になりました。

 

ケース内部も綺麗になりました。

 

タペットの調整やその他のメンテナンスを行います。

 

反射して分かり難いですがこちらも塩が無くなり綺麗になりました。

 

シフトレバーの動きが固くなってましたのでオーバーホールしておきます。

このまま使ってたらいづれ固着しますからね。

レバーを抜くと塩も一緒に出てきます。

 

最近新たな固着し辛い対策を思いついたので、そういった対策もやって組みます。

 

スイベルのボルトが錆び錆び状態なので交換。

プラノブが固着してるので解除しておきました。

 

今回、珍しいケースです。

ペラが全く外れません。

シャーピンが曲がってて少しせっているにしても、ここまで外れないのは考え難いため

これはシャーピン周りで何かが起こってます。

 

ペラ外れました。

 

一体どのような状態だったのかを考察してみましょう。

 

シャーピンは折れており、片側のでっぱりだけが引っ掛かってペラが回っているという状態でした。

 

注目!矢印の部分に本来無い溝が出来ています。

片側だけが効いていたことで過度に力が掛かり、プラを削って行き堀り進んでいます。

 

そしてこの矢印の部分で止まっていたという状況です。

トンネル状になっていたということです。

こりゃペラが外れないわけだ。

ペラが回っていてもシャーピンは消耗部品なので定期的にチェックした方が安全です。

当然ペラは交換です。

 

ギヤオイルを交換した際に白くなっていたとの情報を頂いていますのでロアケースのオーバーホールを行います。

インペラケース周りには砂がありましたのでやはり吸い込まれた砂が排出されている状況です。

インペラボルトは緩むかな!?

 

なかなかヤバかったですが、最大限の折れないやり方で外して折れませんでした。

普通に緩めたら全滅か。。。

 

インペラは良い交換時期でした。

 

オーバーホールOK

 

完璧デス♪

 

キャブもしっかりと清掃しておきます。

 

燃料フィルターはゴミ少々

 

ハンドルの塩噛みを気にされてました。

こちらもオーバーホールです。

結構塩が溜まってました。

 

スラストロッドのロック部分が割れて破損してますので交換します。

ロック機能が無いと走行中に振動で抜ける恐れがあります。

 

各部のボルトはグリスアップして組んでます。

 

完璧デス♪

自分で言うのもなんですが。。。

送料を掛けてでもゴムボくらぶに出す価値はあると思いますョ^^

 

ご利用ありがとうございました。

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】