アクセスカウンター
  • 1444058総アクセス数:
  • 701今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 10現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
ホンダ2馬力

買ったばかりのホンダ2馬力が完全水没!復活させまっしょい!【福岡県北九州市・Oさん】

ゴムボくらぶです!

 

福岡県北九州市・Oさんからホンダ2馬力の修理依頼を頂きました。

 

今回の修理は水没です。

まだ買ったばかりのホンダ2馬力ですが、波打ち際でボートがひっくり返って完全に水没してしまったとのことです。

取り敢えず応急処置としてOさんがエンジンオイルの交換をしたとのこと。

水没はこういった応急処置が非常に重要で、応急処置をするかしないかで後の修理費用の明暗が分かれます。

通常のオイル交換の要領でOKです!まずは一刻も早くエンジン内部の海水をできるだけ抜いて内部をエンジンオイル満たしておくことが非常に重要です。レベルゲージの上限を超えて良いのでエンジンの内部をオイルで満たしておいてください。

そうすることで極力修理費用を抑えることができます。

あと、修理前に

絶対にエンジンを掛けようとしないで下さい!

ますます壊れますから!

 

では、やっていきましょう。

 

水没修理

 

 

製造年月:2020年12月

型式:BAAC(BF2DH)

 

ホンダ2馬力(BF2DH)水没修理

バリバリの新品です

 

まずは内部に入っている白濁したエンジンオイルを抜いて新しいオイルを入れておきます。

Oさんが一度オイル交換をしていますがまだまだ内部には海水が入ってます。

 

チャッチャと下ろしていきます。

 

クラッチまわり、既に錆が出ています。

表面的なものなのでこれは大したことありません。

 

エンジンオイルが入る部分(クランク室)とこのプラグ穴の部分(燃焼室)は別の部屋になっておりますので、プラグ穴からも燃焼室にエンジンオイルを入れます。

ブローバイホースから入った海水はクランク室に入り、キャブや排気管から入った海水は燃焼室に入ります。

 

エンジン内部を錆び(腐食)させないことが最も重要です。

 

バルブを錆びさせないよう吸気側からもオイルを入れます。

 

排気側からも入れます。

 

クラッチケース内は海水が入ったままです。

塩害は乾いてからの方が悪化するため早期の処置が重要です。

 

錆を落としました。

クラッチシュー、洗浄して数日間様子を見ていましたが大丈夫そうです。

 

クラッチケースも洗浄して数日間様子見をしていましたが、ベアリングはスムーズに回りますのでこちらも大丈夫そうです。

 

燃焼室はエンジンコンディショナーで洗浄します。

 

キャブレター及び燃料系の清掃

キャブレターも当然清掃。

 

燃料タンク内にも海水が入ってました。

 

エンジンオイルの交換

エンジン内部にかなり海水が入ったようで1回2回のオイル交換ではなかなか抜けません。

全部で4回オイル交換をしたのですが順番に番号を打ってみました。

上の画像は1回目と2回目です。

段々と色が変化していっているのが分かります。

 

こちらが3回目と4回目です。

4回目でようやくほぼ通常のエンジンオイルの色になりました。

 

 

最終の状態

ここまでなればあとは通常の使い方で大丈夫です。

 

水没するとこういった部分のグリスも乳化してしまいますのでグリスアップし直しておきます。

 

ここも

舵の重さを調整するプラノブも清掃しておかないと、後々ねじ山が固着してしまいますのでこういった部分も作業が必要です。

その他、各部グリスアップ

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2回で始動

【温間始動】アイドリング位置にて1回で始動

【吹か上げり】良好

●スロー調整・アイドリング調整

 

水没修理は状態によってやり方が変わってきます。

完全に浸かってしまったもののまだそこまで悪化していなかったのが不幸中の幸いでした。

今回、交換した部品はありません。

水没や海難事故には十分気をつけて楽しみましょう。

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力(D4/D6)のプチカスタム

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】