アクセスカウンター
  • 1444022総アクセス数:
  • 665今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 7現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・これはかなりヤバかったです!【佐賀県佐賀市・Iさん】

ゴムボくらぶです

 

佐賀県佐賀市のIさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

知人からホンダ2馬力を購入されたとのことで、これから使うにあたってきちんとメンテナンスをしておこうということでご入庫されました。

では、一通りチェックしていきましょう。

 

おまかせ

 

 

 

 

型式:BZBF(BF2DK2)

製造年月:2015年3月

 

ホンダ2馬力のメンテナンス・これはかなりヤバイです!

内部の錆具合はボチボチといった感じかな?

 

使用頻度はそんない多くない?

綺麗です!

 

あ~、他はそんなに錆びていませんがエンジンの固定ボルトがアウトでした。

腐食・肥大して10mm頭のボルトが12mmぐらいになってます。

こういった状態になると緩めようとするとボロボロと崩れて8~9mmになります。

 

今までこういったボルトは時間を掛けてドリルで頭削って何とか外してきましたが、

以前と比べてメンテナンスの入庫数がかなり増えており、以前のように時間を掛けて外すというのがなかなか難しくなってきました。

アンダーケースをカットすれば簡単に外れますが、当然アンダーケースは交換になります。

とは言えアンダーケースの金額はそこまで高くありませんので、効率を優先するためにカットして作業することにします。

どうぞご理解宜しくお願い致します。

 

このようにカットすれば簡単に外れます。

 

エンジン下りました。

 

タペット調整をしてからステンレスヘッドカバーに組み替えます。

 

液体ガスケットはこのぐらいの量でOK。

タケノコ状のノズルがあると適量を出すことができますので無駄も無く便利ですね。

スリーボンドの1215はこのノズルも付属品として入ってますので良いですよ。

 

組付けはステンレスボルトで行っていきます。

 

キャブレター&燃料系の清掃

お次は燃料系のメンテナンスです。

 

ワッ!

キャブレター内部が大変なことになっています!

携行缶内部の錆ですね。

 

燃料フィルターもドベドベ状態。

 

燃料タンクの中に溜まっていた錆。

これはヤバイ。。。

 

キャブレター内部も完全に詰まっており、チョークを引くとエンジンは掛かるもののチョークを戻すとアイドリングせずに即エンストするという状況でした。

 

ここで問題です。

この症状、一体どこが詰まっているでしょうか?

正解は後ほど。。。

 

 

燃料系全て徹底的に清掃します!

 

 

チャンバー交換です。

 

先ほどの問題ですが正解はパイロットジェットです。

パイロットジェットが完全に詰まっていました。

 

アイドリング状態での燃料の経路を説明すると、メインジェットから吸い上げられた燃料がパイロットジェットへと進みます。

パイロットジェットの中で空気と混ざって混合気となりアイドルポートを通ってエンジン内部へと送られアイドリング状態が保たれています。

今回、パイロットジェットが完全に詰まっているのに何故チョークを引いている間はエンジンが掛かっていたのかというと、チョークを引いている状態だとチョーク扉が閉まっているため負圧が高まりアイドリングでもメインノズルの方から燃料が供給されるんです。

バタフライは少し開いている状態なので、メインノズルの方から燃料が供給されてエンジンが掛かっていたということなんです。

なのでチョークを戻すと即エンストするという症状なんですよね。

 

次いきましょ~

 

エクステンションケース内部には塩が結構溜まっています。

 

各部に異常が無いかチェック!

異常無し!

 

綺麗になりました。

 

その他の主な作業

シャーピンの点検をしようとしたらペラが全く外れない。

ペラが外れない=シャーピンがかなり曲がっていつということが分かります。

 

このように。

こういった場合は片側を真っ直ぐ伸ばすか、切るかして外します。

●シャーピン交換

 

●ギヤオイル交換

 

●Iさんのご希望でどでかグリップへと変更

 

●スターターロープ交換

 

●エンジンオイルドレンをプラシネジから六角ボルトへと変更

 

●エンジンオイル交換

●ステンレスネジ化

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて1~2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

 

今回、キャブレターの内部を見ると海難事故が起こってもおかしくないレベルでした。

メンテナンスに出していただいてほんとに良かったと思います。

現在は今まで使っていたスチール製の携行缶をやめて、アルミの携行ボトルを購入されたとのことです。

 

海で使うのは携行ボトルかステンレスを推奨します。

2馬力ボート/ミニボートで使う携行缶はどれがおすすめ?

 

 

交換した部品

 

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力・スプラインにはご注意を!【福岡県朝倉市・Kさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】