アクセスカウンター
  • 2143358総アクセス数:
  • 814今日のアクセス数:
  • 722昨日のアクセス数:
  • 1現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・スプラインにはご注意を!【福岡県朝倉市・Kさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県朝倉市のKさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ

 

 

 

型式:BZBF(BF2D6)

製造年月:23年11月

 

ホンダ2馬力のメンテナンス

では、バラしていきましょう。

 

カウル内部はこんな感じです。

 

2013年に安原エンジンサービス様から購入したとのことで、その際ににステンレスボルトに交換されたそうです。

ボルトの頭の腐食が無いのでエンジン下ろすのもスムースにいきそうです。

 

排気管の取り付けボルトもステンレスに変更されていたものの、温度が上がる場所なので固着気味でした。

慎重に外していって何とか折らずに外せたといった感じです。

 

何故かクラッチが錆色になってます。

 

ケース側です。

 

ベアリングが錆びているのかな?

と思いチエックしてみましたが、ベアリングは正常でどうも違うよう。

 

原因はコイツでした。

クラッチシューの取り付けボルト。

使用頻度に伴いこのボルトは削れていきます。

メッキが剥がれると錆が飛散していきます。

もはや消耗部品と言っても良いパーツですね。

交換します。

 

あっ、オイルがぁ~

オイルシールからエンジンオイル漏れてます。

この部分のオイルシールは結構漏れますね。

 

オイルシール交換しました。

 

液体ガスケットとシリコングリース

オイルシールの交換時に必須アイテムです。

 

ステンレスヘッドカバーへと変更。

オケィ

 

 

ギヤオイル、若干白濁気味ですねぇ~

状況的に見て恐らくドレンボルトからの侵入です。

締め付けがちょっと緩かったです。

 

お次はロアケースを抜きますがこの固着定番ボルトがヤバかった。

普通に緩めたら折れてましたね。

かなり時間を掛けて慎重に慎重に緩めていき無事外すことに成功!

 

ドライブシャフトのスプラインをよく観察します。

 

この山って新品の状態で1mm無いぐらいです。

現在、1/3ぐらい削れており削れ出したらどんどんいきます。

このまま使っていると最終的にどうなるかと言うと、海上で

アクセル開けた瞬間にけたたましい異音と共に突然進まなくなります。

非常に危険です。

ドライブシャフト交換します。

 

オイルシール2箇所も交換しておきます。

 

燃料系のメンテナンスもバッチリやっときます。

 

チャンバー交換してリフレッシュ。

 

その他の主な作業

排気管が腐食してボッコリ穴が開いてましたので交換しました。

 

エアーで吹くと浮いた塗装がパリパリと剥がれていきました。

 

塗装して綺麗になりました。

 

オイル窓が錆びて見え辛いです。

 

交換

ドレンボルトもプラスネジから六角へと変更しました。

 

Kさんのご希望でどでかグリップへと変更

 

●イグナイターメンテナンス

●スターターロープ交換

●プラグ交換

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●追加ステンレスボルト化

●タペット調整(かなり狂ってました)

●各部グリスアップ

 

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

 

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力のメンテナンス【福岡県糸島市・Nさん】

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】