アクセスカウンター
  • 2193012総アクセス数:
  • 441今日のアクセス数:
  • 776昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
トーハツ/マーキュリー2馬力/3.5馬力(4st)

トーハツ3.5馬力・オーバーホールで安心安心!【大阪府泉大津市・Bさん】

ゴムボくらぶです

 

大阪府泉大津市のBさんからトーハツ3.5馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

ギヤオイル交換をしようとしたところ、オイルが入っていかないとのことでご入庫いただきました。

シフトレバーの動きも固いとのことですので、おまかせコースのオーバーホールでということになりました。

 

*当ゴムボくらぶでは依頼者様との信頼関係を第一に考えており、業務の透明性や入庫時の状態・作業内容の報告を目的として整備内容の一部を一般公開しております。

 

おまかせ・オーバーホール

 

 

型式:3BR(MFS3.5C)

製造年月: 令和2年3月

 

トーハツ3.5馬力・オーバーホールで安心安心!【大阪府〇〇市・Bさん】

エンジンを下ろした時にするべき作業は複数あって、塩害が浅いうちにこういったメンテナンスをしておくことで船外機自体のダメージが少なくなり良い状態を長期的に維持できます。

車などは基本的に不調になったら修理やメンテナンスに出しますが、船外機はメンテナンスの規準が違います。

 

当店独自の塩害対策も施します。

 

インペラ交換・ギヤオイルが入らないとのことなのでその部分もやっていきます。

ポンプベースを見ると、う~むボルトやばそう。

 

ハイ、1本逝きましたorz

4本とも強烈でしたので、3本外せただけでも良しとしましょう。

 

インペラの状態は良くないですね。

 

さて、折れボルトを抜きます。

 

この塩ですよ!

 

しっかりネジ山清掃をしておきます。

 

ポンプベースも綺麗に清掃しました。

塩嚙み防止処理をして組み上げます。

 

シフトレバーのオーバーホール

 

以前はOリングが内側と外側に2箇所付いてましたが、現在は内側1個のみに変更になりました。

グリスニップルからのグリスアップのみでは効果に限界がありOリングは塩嚙みします。

海で使う以上塩害は仕方ないですが、当店でオーバーホールをすると塩害対策もしますので次は長持ちします。

 

グリスニップルの中も綺麗に綺麗に。

 

アノード、ガッツリ固着してましたので外して交換しておきます。

 

舵の重さを調整するノブ

固着してます。

このノブは固着し易いのでグリスアップ必須箇所です。

 

サクっと固着解除

 

オス側のネジ山もケアしておきます。

 

サーモスタット点検。

動作OK

定期的に塩清掃をすることで長持ちします。

 

キャブレター清掃

 

若干錆のような物が蓄積しています。

 

燃料フィルター、結構汚れてました。

 

これも錆のような感じですね。

使われている携行缶がスチール製ならば、錆びている可能性があるのでチェックが必要です。

 

プラグが真っ黒なのは入庫当初、キャブが少しオーバーフローしていた為です。

オーバーフローは直したものの、燃調が今一歩納得できる状態ではない。

 

左:新品の3.5馬力キャブレター

右:付いていた3.5馬力キャブレター

 

最終的にキャブレターは交換しませんでしたが、あれやこれやとやってようやく納得できる状態にまでになりました。

 

ではでは、ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力の定期メンテナンス【福岡県糟屋郡・Wさん】

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】