アクセスカウンター
  • 1279162総アクセス数:
  • 873今日のアクセス数:
  • 1648昨日のアクセス数:
  • 8現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・スターターロープが引けません!【長崎県大村市・Sさん】

ゴムボくらぶです

 

長崎県大村市のSさんからトーハツ2馬力の修理・メンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

エンジンが掛からないということで、遠く長崎県からお持ちいただきました。

同じ九州と言えど長崎県はかなり遠いです。

このお気持ちにお答えするべく、バッチリ快調にしてお返しいたします!

 

不動修理・おまかせ

 

 

型式:3BV(MFS2B)

製造年月:26年2月

 

トーハツ2馬力・スターターロープが引けません!【長崎県大村市・Sさん】

ある日突然、スターターロープが引けない!

トーハツ2馬力アルアルの故障です。

 

スターターが引けない状態になると作業はスムーズにはいきません。

というのも既ににロアケースが抜けませんから、難所をクリアしながらやっていきます。

 

ロアケース抜けたー!と思いましたがそこにはドライブシャフトの姿は無し。。。

ドライブシャフトはエンジン側に残った状態でポンプケースが割れて下から抜けました。

ポンプベースに付着した塩を見ると、これはインペラボルトもヤバイ雰囲気がプンプンしてます。

インペラは後で分解しましょう。

 

さて、エンジン下りましたがこういった状態です。

ガッツリ固着しとします。

 

ようやく分離完了。

 

ギャー、中はこんな感じです。

 

オイルシール交換オケィ

長持ちするように交換に加えプラスαの対策をしておきます。

 

水路の塩付着が多かったので、できる限り取り除いておきます。

 

さて、インペラケースを開けようとしますが予想通り4本とも完全固着しておりびくともしません。

 

そして、あえなく1本逝きました。

まぁ4本折れてもおかしくないレベルでしたので、1本で済めば御の字でしょう。

カッチカチやで

 

付いていたインペラ。

羽根切れも無く丁度良い交換時期といった感じですね。

 

ボルトが折れていなかったとしてもドライブシャフトが抜けているので、いづれもポンプベースは外さなくてはいけない状況です。

 

ポンプベース取り外し完了。

 

折れボルトの抜き取り完了

*折れボルトはポンプベースを外せば簡単に抜けるというわけではありません。

 

ポンプベースも交換

ここまで綺麗になると気持ちが良いですね。

ポンプベースには新しいオイルシールが組み込まれた状態です。

 

そしてこちらはプロペラシャフト側のオイルシール

交換しときましょ。

 

 

シフトレバーの動きが固かったのでオーバーホールしときます。

抜けそうで抜けないんだよな、このシフトレバー

 

だいぶ抜けてきましたョ

 

こんなふうに塩がジワジワと侵入してきます。

 

この年製はグリスニップルが付いてないので取り付けておきました。

 

サーモスタットにも塩多し

水回り、全体的に塩が多いです。

使用後の水通しをしっかりとやった方が良いようです。

 

ケース内部も塩落としをしておきます。

 

サーモスタットアウトORZ

開きっぱなしです。

いろいろ交換となり費用もそれなりに掛かりますが、この機会に全てをバッチリ直して快適・安全に使えるようにリフレッシュしましょう。

 

その他の作業

●スターターロープ交換

 

●燃料系の清掃

フロートバルブ交換(右:付いていたやつ 左:新品)

 

燃料ホースのクリップやキャブの取り付けボルトなどが錆びて見た目立ってたので交換しておきました。ロアケースの取り付けボルトも。

 

●タペットのクリアランス確認(IN/EX共に基準値内)

 

●シャーピ交換

 

●エンジンオイル交換

 

●ギヤオイル交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いて2回で始動

【温間始動】RESTART位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

 

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力が海上で突然エンストしました!【山口県宇部市・Kさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】