アクセスカウンター
  • 1444107総アクセス数:
  • 750今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 7現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
マーキュリー2馬力(2st)

マーキュリー2馬力のスロットル化【熊本県熊本市・やっちゃんとさん】

ゴムボくらぶです

 

熊本県熊本市のやっちゃんとさんからマーキュリー2馬力のスロットル化&メンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

やっちゃんとさんはTwitterで絡まさせていただいているフォロワーさんで、TwitterのDMからご依頼いただきました。

TwitterをはじめInstagramなど「ゴムボくらぶ」のアカウント名で登録していますので、各種SNSのDMからでもメンテナンスや修理依頼など、ご気軽にお問合せください!

 

スロットル化・おまかせ

 

 

では、見ていきましょう!

 

 

型式:3AR(2M)

製造年月:23年1月

 

マーキュリー2馬力のスロットル化

もはや定番となったアクセルのスロットル化ですね。

バーハンドルでアクセル操作できると、やはり便利ですよね。

 

 

グリップを外すと中は十字形状なので、まずはスロットルが取り付けられるようにパイプを使って円形にします。

 

 

キャブトップを加工して質の高いスロットル化を行います。

 

アクセルワイヤーがスターターリコイルに接触して傷つかないないようクランプを取り付けて誘導します。

 

うむ、我ながら完璧な仕上がり!

 

ギヤオイル白濁

ギヤオイルを抜いてみると。。。

逝ってます。

 

去年、やっちゃんとさんがインペラを分解して状態を確認し、ボルトをグリスアップして組付けたとのことでしたが結構塩嚙みしてました。

恐るべし塩

 

こんな感じでグリスに混じって塩が噛んでます。

 

 

ポンプベースを外してオイルシールやOリングを交換します。

 

ネジ山掃除をして綺麗にしておきましょう。

 

プロペラシャフト側のオイルシールも勿論交換。

 

インペラも新しくなってピカピカ!

ポンプベース内部の水路は結晶も少なく良好な状態でした。

インペラボルトはグリスアップに加え、塩嚙み防止処理をしてますので次回のインペラ交換時は塩嚙みの心配はありません。

 

 

キャブレターも点検・清掃します。

 

過去、ガソリンがオーバーフローしたことがあると言っておられました。

フロートバルブ先端周辺のメッキが剥がれています。

こういう状態になっていると剥がれたメッキが先端に詰まってしまうことがありオーバーフローの要因となります。

交換

 

チャンバーガスケットも交換しました。

 

その他の作業

アノードが固着していて外れないので外してほしいと言っておられました。

これ、アルアルでアノードが固着して簡単に外れない個体が非常に多いです。

メンテナンスに入った機は私が一度外して清掃してお客様に戻すことが多いです。

こうすることで、一時の間は後にお客様がご自身でアノードを外そうとする時に難なく外せますからね。

 

アノードは交換時期でなくとも定期的に外してワイヤーブラシなどで磨いて取り付け直してやりましょう。

そうすることで、固着が防げます。

 

アノード交換して綺麗になりました。

 

シフトレバーの動きが固かったので分解してみると、内部グリスの粘度が高すぎたのが原因でした。

シフトレバーはあまりにも粘度が高いやつだと逆に動きを悪くしてしまいます。

グリスの用途は適材適所に。。。

ですね。

シフトレバーは粘度を示す規格で言えば「ちょうど2」までが良いと思います。

 

今回は内部のグリスを洗浄してヤマハのグリースAを入れました。

エーゼットの極圧有機モリブデングリスでも問題ありません。

 

●シャーピン交換

●プラグOK

●ギヤオイル交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルを少し開けた状態で2~3回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

マーキュリー2馬力のメンテナンス&スロットル化【愛知県豊川市・Tさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】