アクセスカウンター
  • 1132982総アクセス数:
  • 144今日のアクセス数:
  • 876昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力メンテナンス【山口県下関市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

山口県下関市Yさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ

 

現状気になるところは無いものの購入から4年使っているので、

そろそろメンテナンスをということでご入庫いただきました。

 

では、見ていきましょう

 

型式:BAAC(BF2DH)

製造年月:2017年02月

 

ホンダ2馬力メンテナンス

さてさて分解していきましょう。

全体的にそこまで錆は酷くありませんが、プレートは結構錆びているので交換した方がよいですね。

 

この年製はまだステンレスヘッドカバーではないのでぼちぼち錆が出てきております。

遮熱版のネジはホントよく錆びます。

年製が新しくなるにつれていろいろと改善されてきたホンダ2馬力ですが、遮熱版のネジもデフォルトでステンレスにして欲しいところです。

 

ガスケットを剥がしてみると錆は直ぐそこまできてました。

プレート管理は非常に重要で常に信頼のおける状態にしておかないといけません。

 

い~感じになりましたね!

 

クラッチ系も良好です。

 

ホンダ2馬力はこのようにグリスがドロドロになっているやつが多いんですが、これ原因はグリスの入れ過ぎや6-66の振り過ぎです。

6-66を振り過ぎると下に流れていき、このようにグリスが洗われて流れ出てしまいますので振るなら定期的に最低限が良いですね。

 

鬼門のロアケースのネジも無事外れました。

各部問題無いかをチェックして塩や錆を落とします。

 

キャブレターの清掃

 

キャブレターの清掃にやヤマハのヤマルーブがおすすめです!

 

燃料フィルターも結構汚れてました。

 

燃料タンクに溜まった水分

 

その他の主な作業

●ギヤオイル交換

●タペット調整

●エンジンオイル交換

●スターターロープ交換

 

バッチリです!

 

今回メンテナンスに出して良かったと思います。

各部の状態を考察すると、このまま使い続けていたら近いうちに不具合が出ていたと思います。

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2~3回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●金属部分に使える超耐水グリス

個人メンテナンスなら80gタイプがグリースガンのサイズなどを考えると嵩張らずに良いかなと思います。

 

●80g用のグリースガン

グリースニップルからの給油はグリースガンを使って行います。

ジャバラごと入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット!

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215はマジお勧めです!

オイルシールの外周に塗って下さい。

 

●シリコングリース

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

こちらのWako’sのラバーグリースもシリコングリースとして使っており、こちらも良いです。

 

●マリンスプレーの定番!

CRE 6-66

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです!

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類なんから浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

 

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外すのにピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くなかなか良いですよ。

 

●錆防止スプレー(シャーシーブラック)

シャーシーブラックは錆の進行を抑えるスプレーです。

黒色なので塗っても違和感が出難いです。

錆び易い金物に是非塗ってください。

 

いかがでしたか?

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきますね~!

【あなたにおすすめの記事】