アクセスカウンター
  • 2117701総アクセス数:
  • 64今日のアクセス数:
  • 749昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・酷い状態でしたがバッチリ良くなりました!【山口県下関市・Yさん】

ゴムボくらぶです。

 

山口県下関市のYさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼をいただきました。

少し前にメンテナンスさせていただいたトーハツ2馬力 北九州市・Oさんからのご紹介でお持ちいただきました。

ありがとうございます。

 

*当ゴムボくらぶでは依頼者様との信頼関係を第一に考えており、業務の透明性や入庫時の状態・作業内容の報告を目的として一部を一般公開しております(技術の漏洩防止として公開していない内容も多数ございます)

 

おまかせ・オーバーホール・ステンレス化

 

型式:BZBF(BF2D6)

製造年月:19年3月

 

ホンダ2馬力・酷い状態でしたがバッチリ良くなりました!【山口県下関市・Yさん】

D6なのでまずはエンジン固定ボルトのチェックをします。

ボルトの頭はどれもこんな感じで腐食していますが、想定内なので問題ありません。

全体的に状態が悪そうですがゴムボくらぶに入れていただいたからには生まれ変わりますのでご安心あれ。

 

スターターロープが劣化してますので交換しておきます。

リコイルの巻き数もおかしいので正規の状態にします。

 

キャブレターの取り付けボルトもこの通り。

 

これ、よくあるのですがブローバイホースが刺さってなくて折れ曲がってます。

過去に清掃などでキャブレターを外して取り付ける際にきちんと刺していないないという状態です。

こういった状態だとアンダーカウルに垂れるオイルの量が増えます。

 

さて、エンジン固定の腐食ボルトを外します。

 

工具を掛けると瞬時に頭が崩れてこんななりますw

 

下側2本のヘッドボルトと遮熱版のボルトがアウトですね。

引き出しから知恵を引っ張り出します。

 

ヘッドボルトは頭が腐食+固着という状態でした。

無事コンプリートです。

バルブのクリアランスはだいぶ広くなってました。

 

長年エンジンを下ろさないと、接続部分に塩が溜まってエンジンとクラッチケースが固着します。

 

残念ながらマフラーがアウトでした。

交換します。

 

ピカピカのマフラー

 

スイベル部分にも塩が噛んでおり舵が重いので分解清掃します。

 

エクステンションケース(ドライブシャフトハイジング)の中から出た塩。

このままいくと穴が開いてたでしょう。

 

ドライブシャフト

 

綺麗になりました。

 

キャブレターが大変な状態になってます。

 

内側まで錆びておりトラブル目前な状態です。

 

オーバーホールします。

 

バッチリ安心な状態になりました。

 

燃料キャップ内部のパーツ。

こんなとこも錆びてますので交換です。

こういった錆は最終的にキャブレターに入り不調になります。

 

バッチリ良好な状態になりました。

 

チルトレバーのゴムが無いので付けときましょ。

 

これが付くだけで変わるよね。

 

ギヤオイルは白濁無くOKです。

シャーピンはかなり曲がってました。

 

最後はキャブセッティングでOKデス。

まだまだ末永く使って頂ける状態になりました。

 

ちなみに、ボルトの腐食や固着は沢山ありましたが折れは0でした。

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力・再始動時の掛かりが悪いので直します!【福岡県北九州市・Mさん】

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】