アクセス集計
  • 5現在オンライン中の人数:
  • 772今日のアクセス数:
  • 1112昨日のアクセス数:
  • 379797総アクセス数:

ゴムボート

ゴムボートの寿命はいつ?PVC の特徴やCSMの特徴

こんにちは、D2(@gomubo_club)です

 

最近、次にボート買い替えの時にどのボートにするかを思案中です。

 

ゴムボートの素材にはPVCCSMがあるわけですが、ボート買い替えの際にどちらにするか悩みますよね?

 

これについて考えてみたいと思います。

 




CSM

メリット

●耐久性に優れている

●メーカー公表値の耐久性は10年〜15年

●冬でも硬くならない

●やや軽い

デメリット

PVCと比べるとやや剛性が低い

●価格がやや高い

●ボートの種類が限られる

 

PVC

メリット

●剛性が高い

●価格がやや安い

●ボートの種類が多い

デメリット

CSMと比べると耐久性が低い

●予測耐久性、3年〜10年「管理の仕方やメーカーによって幅が大きい」

●冬は硬くなるので畳み難い

 

 

CSMPVCの特徴ってこんな感じでしょうか。

CSMはゴム系、PVCはビニール系(ポリ塩化ビニル)なので使われている素材が全く違います。

上記に書いている耐久性というのは、ボートの生地自体の耐久性ではなく接着面の耐久性という話になります。

概ね、ボートの買い替え判断は接着面の剥がれが酷くなってきて寿命というケースが殆どですからね。

オール台座やアンカーローラー等、パーツ類は生地同士の接着と比べると剥がれ易いので、症状が軽いうちは張り直せば良いですが、生地同士の接着が剥がれだしたらアウト。

 

耐久性だけで考えればCSM1択なのですが、ボートの種類が少ない。

個人的にはPVCの剛性も捨てがたく、何年か乗って剥がれだしたら修理しながら限界まで乗ってまた買い換えたら良いかなという考えもあります。

 

ジョイクラフト・J-キャット305

 

PVCボートの中だとジョイクラフト社から2019年1月に販売されたJ-キャット305が気におすすめです。

 

全長:305cm 船内長:225cm

全幅:158cm 船内幅:72cm

総重量:33kg ボートのみ26kg

定員:4人

 

十分なスペースを確保しつつも、重量が軽い!

ジョイクラフトのボートはフロントのチューブが細くリアのチューブが太いので、リア部が沈むスターンヘビーになり難くこれがスピードアップに一役かいます。

 

 

エアフロアとキールが別になっているのって組み立て時や洗う時に何気に面倒くさいのですが、ジョイクラフトのエアフロア一体型のこのキールはエアフロアにエアーを入れれば一緒にキールにもエアーが入るので手間いらず。

 

そしてこのボートの目玉が何と言っても底がカタマラン形状であるということ。

エアフロアの下が底上げ構造なので通常は床面がほぼ海水に浸かっていなんですね。

勿論、いつでもどんな状態でも床面が浸かっていないわけではないとは思いますが、走行時の抵抗が減るのは確実ですので、単純に考えてこれはスピードアップに貢献します。

 

アキレスのPV-300DXも作りがよくて魅力的なのですが、ジョイクラフトは軽さであったりスピードが出易い作りであったりとバリエーションが多く、さまざまな部分に工夫がこらされています。

 

今のところPVCボートの中ではジョイクラフトのJキャット-305がいち押しですね。

準備や片づけが大変なゴムボート釣りは絶対軽い方がいいですョ!

 

ジョイクラフト・J-キャット 305・PVCおすすめゴムボート

上記の記事を参考にして、Jキャット-305を購入しました!

という複数の方からメールを頂きますが、皆さん全員買って良かったと凄く満足されています。

これから2馬力ボートを始めるならJキャット305がイチオシです!

 

ヤフーショッピングのポイント付与方式が変わりました。PayPay(ペイペイ)決済が必須

トーハツ2馬力
2馬力船外機を比較してみる。おすすめは空冷?水冷?【ゴムボくらぶ】*必読記事・国内メーカーの2馬力船外機5機種を徹底日比較!自動車整備歴27年の私が構造的要素や製品のクオリティーから2馬力船外機を比較します。是非この記事を読んで2馬力船外機選びの参考にしてください。...

サイトマップ

ゴムボートカテゴリー一覧

Pick up!!
【同カテゴリー内の記事】