アクセスカウンター
  • 1328464総アクセス数:
  • 39今日のアクセス数:
  • 949昨日のアクセス数:
  • 0現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
ホンダ2馬力

【前編】過去最強クラスの錆・ホンダ2馬力を徹底リメイクする!【福岡県福岡市・Eさん】

こんにちは、ゴムボくらぶ(@gomubo_club)です

 

福岡県福岡市・Eさんよりホンダ2馬力の修理依頼を頂きました。

 

*今回、内容が長くなるので前編と後編に分けてアップすることにしました。

前編では主にビフォーの状態をアップし、後編でアフターの状態をアップしたいと思います。

 

 

不調の症状

エンジンオイルが漏れている。

 

オイル漏れ修理以外のその他の部分も含め全体的にメンテナンスをしていきます。

ステンレスボルト化・ステンレスヘッドカバー化もこの機会にやっておきます。

*ステンレスボルト化には、(有)安原エンジンサービス様のオリジナルステンレスネジセット+自社のオリジナルステンレスネジセットを使います。

 

 

製造年月:2014年12月

型式:BZBF(BF2DK2)

 

 

 

オイル漏れの箇所を確認する

オイルが漏れている箇所をまずは確認してみます。

トップカウルに貼ってある2のステッカーの下あたりにエンジンオイルが垂れてきているので、これはヘッドカバーが錆びてオイルが漏れてしまっています。

 

エンジンを下ろします

各ネジ類、かなり錆が進行していますね。

 

さて次は一番気になるエンジンの固定ボルトです。

あちゃ~!

腐食部分をボロっと落とすと10mmのソケットでは完全に滑ってます。

9mmのソケットを叩き込んでまわそうとするもダメ。

 

こうなるともうドリルで頭を削るしかありません。

 

1本だけは何とかソケットで外れたんですが、3本はこの通り。

最後まで頭を削ってしまっても良いのですが、今回はある程度削ってからポンチで回すという方法で無事取り外し成功。

 

さて問題のヘッドカバーですが、穴が開いて漏れてますね。

 

遮熱版のネジもステンレスに交換しますが、頭が腐食してしまってます。

8mmと小さいネジで簡単にはいきませんが、何とかしなければなりません。

 

 

このように錆の進行が進んでおりますが、依頼主のEさんはまだまだ長く使っていきたいとのお気持ちで悪い部分は交換してバッチリ仕上げて欲しいとのこと。

安心して付末永く使っていただけるよう、しっかりメンテさせていただきます。

 

私が気になったのはここ。

エンジンオイルの量を見る窓ですがなんと中に錆があります。

 

これ、クランクシャフト等エンジン内部の構成部品の錆ではなく

ヘッドカバー内側の錆がエンジン内部に落ちてしまっている状況です。

幸いにもオイル交換時に窓の部分に流れ着き、錆はこの部分に溜まっているだけのようです。

ホンダ2馬力のカムギヤやアイドルギヤはプラスチック製なので、錆が逆流してギヤに噛むと簡単にギヤが割れてしまいます。

エンジン内部を洗浄しこの窓部分のパーツは交換することにします。

 

イグナイターの錆もトラブルが出る寸前といった感じです。

これは、錆を落として電極面を整地して防錆処理をすればOKです。

交換すべき部品と現物整備で良い部品は臨機応変に判断します。

 

 

プラグは当然交換です。

 

クラッチケースに錆が

クラッチケース内に錆が出てましたので、ベアリング単体での回転をチェックするためにドライブシャフトを抜きます。

スプラインが固着しており抜くのに難儀しましたが何とか抜けました。

 

ベアリング単体で点検してみると、これといって問題は無く錆はベアリングからではないようです。

 

これ、クラッチシューを固定しているボルトなのですが摩耗して段付きになっています。

錆の原因はこれです。

この部分には負荷が掛かりますので使用頻度に伴いだんだん摩耗してきます。

摩耗が大きくなるとクラッチシュー固定部分の遊びが大きくなります。

ボルト交換です。

 

キャブレターの状態

オーバーホールして内部を清掃します。

チャンバーの錆もどんどん進行していくのでこの機会に交換しておきます。

 

燃料フィルターはゴミ少々といった感じですね。

清掃して組付けです。

 

スターターロープの状態

ロープの一部が傷んでヤバい状態です。

切れる前で良かったです。

 

リコイル出口のリングが錆びてしまっています。

以前はこのようにリングが錆びてしまうとリコイルASSYで交換するしかなかったのですが、

今はリングだけを注文することができるようになりました。

 

ロープとリングを交換します。

 

後編はコチラです↓

【後編】過去最強クラスの錆・ホンダ2馬力を徹底リメイクする!【福岡県福岡市・Eさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】