アクセス集計
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 328今日のアクセス数:
  • 1166昨日のアクセス数:
  • 550791総アクセス数:

船外機メンテ

マーキュリー2馬力2st・メンテナンス/インペラ交換【福岡県北九州市・Sさん】

こんにちは、ゴムボくらぶ(@gomubo_club)です

 

福岡県北九州市・Sさんよりマーキュリー2馬力2stのメンテナンス依頼を頂きました。

 

依頼内容

おまかせメンテナンス

 

型式:3AR

製造年月:22年12月

 




インペラ交換

現状検水も出て問題はないようですが、過去のインペラ交換歴が不明とのことですのでこの機会に交換しておきます。

交換歴をキッチリ把握しておくことで安心してボート釣りを楽しめます。

 

さて、インペラボルトは無事緩むでしょうか!?

 

3本塩嚙み酷いですが、何とか折らずに緩めることが出来ました。

塩嚙みボルトを折らずに外すスキルもだいぶ上がりましたw

 

さて、ついていたインペラですがこんな感じです。

中古で購入後、2年使用しているとのことでこの前の交換歴は不明です。

 

プレート結構錆びてますね。

ガスケット(上)・プレート・ガスケット(中)も交換することにします。

 

ガスケット(上)・プレート・ガスケット(中)を剥がしてポンプベースの状態です。

*古いガスケットを剥がす時に、ポンプベースに深い傷を入れてしまわないように注意しながら剥がします。

水路はわりと綺麗な状態でした。

 

新品のプレート

 

ネジ山内部には塩が溜まっていますので、タップを使って掃除をしてから組付けをします。

ケース内部にあるシフトロッドのOリング(大・小)も交換しました。

 

インペラボルト&ドライブシャフトスプラインは勿論グリスアップ。

 

キャブレター清掃

キャブレターを清掃しておきます。

 

詰まり等はありませんでしたが、チャンバー内に少し汚れが溜まっていました。

ガスケット類は全て交換。

 

キャブクリーナーで清掃したあとにパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流します。

 

燃料フィルターはほとんど汚れは溜まっていまでんでした。

清掃して組付け。

 

シフトレバーグリスアップ

マーキュリーの2ストはシフトレバーの動きが固くなってるものが多い印象ですが

この船外機も固くなっていましたので、分解して改善を試みます。

シフトレバーが固いのは結構ストレスですからね!

 

シフトレバーを抜いてみると、軸穴内部の表面はガザガザになっています。

これでは固いはずですね。

何故こんなことになるのかというと、塩嚙みによって起こります。

表からグリスアップした形跡がありますがこれでは改善させません。

 

耐水ペーパーで表面を慣らします(#1000)

水を使っても良いですが私は6-66を掛けてやりました。

 

ゴムに優しいラバーグリスをタップリ入れて組付けます。

 

シフトレバーの動き、スムーズになり快適になりました。

 

シャーピン交換

写真を見ると一目瞭然ですが、シャーピン曲がってました。

このぐらい曲がるとなかなかすんなりとは抜けません。

折れる前に気づいて良かったです。

シャーピン&割りピン交換。

 

その他の作業

ギヤオイル交換

ギヤオイルを交換しておきます。

だいぶ交換していないようで真っ黒でした。

ガスケット2枚交換。

 

広告

アノード磨き

周りはラムネのように真っ白に。。。

 

ワイヤーブラシでシャコシャコ磨いて綺麗になりました。

アノードの取り付けボルトも塩嚙みしていましたので、タップを立ててグリスアップして組付け。

 

プラグは綺麗でしたので点検のみにしておきました。

 

ヘッドカバーガスケット部分の塩吹きについて

黄色丸のヘッドカバーのガスケット部分から塩が吹いているのをSさんが気にしておられました。

ピストンの周りには海水が回っておりガスケットにも少しづつ海水が染み込み、沖上がり後に真水を通してもガスケットに染み込んだ塩分は抜けません。

構造上、2ストはこのガスケットから塩が吹くのは仕方ないことで問題ありません。

 

試運転

【冷間始動】チョークをクローズにして2~3回で始動

【温間始動】1回始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Pick up!!
【同カテゴリー内の記事】