アクセスカウンター
  • 1088371総アクセス数:
  • 429今日のアクセス数:
  • 915昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・クランクケースヘッドのメンテ目安はコレです【山口県下関市・Nさん】

ゴムボくらぶです

 

山口県下関市Nさんからトーハツ2馬力の定期メンテナンスのご依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ定期メンテナンス

 

2年半前にメンテナンスをさせていただいたNさんのトーハツ2馬力です。

この間トラブルも無く快調に使っていただいていたようで嬉しい限りです。

今後もトラブルがないようしっかりとメンテナンスさせていただきます。

 

では、見ていきましょう

 

 

 

製造年月:29年9月

型式:3BV(MFS2B)

 

トーハツ2馬力・おまかせ定期メンテナンス

まずはキャブレターの清掃からしていきましょう。

 

チャンバー内に目立ったゴミなどは無く綺麗な状態ですが目視できない極細な経路もありますので一通りしっかりと清掃します。

 

エアージェット内部は結構汚れていました。

 

汚れていたジェット類もヤマルーブ浸け置きでどんどん綺麗になっていきます。

 

お次はインペラ交換

前回の交換が2年半前なので丁度良い交換時期です。

トラブルが出る前に交換がインペラ管理の基本です。

 

当方で2回目のインペラ交換なのでボルトも楽々緩みスムーズに作業が進みます。

 

次回もボルトが塩嚙みすることがないようしっかりと処理をして組み上げました。

 

これ、ドライブシャフト上部の写真です。

このようにスプラインの下が塩で白くなり擦れて横線が入っている場合はクランクケースヘッドの状態がヤバイサインです。

塩で擦れている状態ですね。

 

やっていきましょう。

 

ちょっと分かり辛いですがやはり塩が蓄積しています。

塩掃除をして再グリスアップをしておきます。

 

グリスを入れる前です。

 

Oリングを交換して、ゴムボ流の2重対策をして組み上げます。

トラブルが起こるメカニズムを分析し船外機が長持ちするよう、トラブルの要因を排除するようにとオリジナルの対策を施している部分はいろいろとあります。

 

シフトレバーは前回オーバーホールをしておりスムーズに動いていました。

グリスアップしておきました。

水路は塩も少なく綺麗な状態でした。

 

サーモスタット良好

 

フライホイールが錆びていたので塗装しました。

イグナイターのクリアランス再調整。

 

アノードは何年も取り外していないと塩嚙みしてしまいますので、固着防止の意味も含め

定期的に外して磨きましょう。

 

その他の作業

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

プラグやシャーピンなどその他の箇所も点検しましたが問題ありませんでした。

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて2回で始動

【温間始動】RESTART位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

海上でガソリンが漏れ出したトーハツ2馬力をメンテナンスします!【福岡県宗像市・Tさん】

【あなたにおすすめの記事】