アクセスカウンター
  • 1444013総アクセス数:
  • 656今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
トーハツ2馬力

海上でガソリンが漏れ出したトーハツ2馬力をメンテナンスします!【福岡県宗像市・Tさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県宗像市Tさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせメンテナンス

 

中古購入して間もないのかな?

海上で突然ガソリンが漏れ出したそうで、これはちょっと怖いなということでご入庫されました。

 

では、見ていきましょう

 

 

製造年月:21年3月

型式:3BV(MFS2A)

 

トーハツ2馬力・おまかせメンテナンス

いきなりこの画像ですが、ですがエンジン下ろしました。

 

燃料コックを回しても抵抗が無く機能していない感触でしたが・・・

カウルの中に燃料コックの連結パーツが落ちてました。

A型はこのような連結パーツがあるのですがこれが外れやすいです。

恐らく購入時から外れていたのだと思われます。

 

このコックを回す時にうっかり下に引っ張らないように注意しておいてください。

外れてしまうと取り付けするのがとてもやり難いですので。

 

 

冷却水を汲み上げてすぐのところです

塩が凄いので清掃してから組み上げます。

 

 

こちらエンジン側への入水路。

塩で穴が半分詰まっています。

 

水路の流通を確認しつつ清掃します。

 

あの小さな穴から入った冷却水はこのサーモスタットケース奥の穴に繋がっています。

意外にもサーモスタットケース内には塩は無く綺麗なもんです。

で、サーモスタットが開いたら右側の穴を通ってエンジン下部から排水されるという流れになります。

 

サーモスタットの動作OK!

 

クランクケースヘッドのメンテナンスをやっておきましょう。

パーツ交換+αのオリジナル対策をして塩害に備えます。

 

シフトレバーも固くなっていたのでこちらもしっかりと整備をやっておきます。

旧型はOリングが2個で現行型は外側のOリングが無くなり内側1個のみになっていますが

私の考えではこれは逆で、内側を抜くべきだと思いますね。

しっかりメンテナンスしてから組み上げます。

 

この年製はグリスニップルが無いので加工取付します。

 

これで定期的にグリスアップできます。

 

 

ウォーターパイプ上部のグロメットは、だいたいこのように排熱で劣化していますので分解時には同時交換になります。

 

お次はインペラ交換です。

 

よく塩が噛んでますね

 

インペラはこのように変形していました。

 

ん~

 

ん~

 

これ過去にインペラ焼き付かせてますね。

水無し運転か?

 

インペラは焼き付くとライナーにこびりつきます。

そして、マイナスドライバーでガジガジとこさぎ取ると写真のようにライナーに傷が入るのです。

プレートにも深い傷が入ってます。

ライナーとケースが溶着された状態になっているため傷入りライナーだけを外すことができませんので、ケースごと交換することにします。

もちろんプレートも交換。

 

Oリングも交換です。

 

今後、インペラボルトが塩嚙みしないよう対策をして組み上げました。

これで何年先の分解でも塩嚙みしません。

 

海上でガソリンが漏れたということですがこれはオーバーフローでしょうね。

オーバーフローってどんな船外機がなりやすいかというと、長期間使っていない船外機などです。

機械物って何でもそうですが使ってないと調子を崩します。

可動部などの動きが渋くなるんですよね。

 

「数年倉庫に保管してました」

という中古船外機などは注意が必要ですね。

 

きっちり隅々まで清掃します。

 

フロートの金具部分も汚れを落としておきます。

キャブクリーナーはヤマルーブがおすすめ!

 

燃料キャップのストッパーが切れて無くなってました。

A型のキャップは回しにくく使い辛いため、キャップごと交換してB型のキャップを取り付けました。

B型キャップの方が断然回しやすいです!

あと、キャップの下のスポンジもボロボロになっていたのでこれも交換

このスポンジがボロボロになるとスポンジカスが燃料タンク内部に入り易くなるのでボロボロになったら迷わず交換!

 

トップカウルのパッキンがデロンデロンに剥がれていたのでこれは何とかしたい!

前オーナーさんがコーキングのようなものを塗っていたようで汚いです。

 

ドリルの先に取り付ける通称消しゴム

これを使ってカスを取り除いていきます。

 

文明の利器は偉大です!

これ手作業で取ろうと思うと大変なことです。

 

3Mの強力両面テープ、ハイタック9708で再取り付けします。

 

これでバッチリ

 

その他の作業

燃料ホースがプラスチックのように固くなっており燃料コックも状態が良くなっかたので一緒に交換しました。

 

サビサビボルトも綺麗に

 

イグナイターのクリアランス調整

 

 

 

●キャブレターの取り付けボルトが曲がっていたので交換

●タペット調整

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●シャーピン交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて2回で始動

【温間始動】RESTERT位置にて1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

オークションで購入したトーハツ2馬力がいろいろ不調です!【福岡県春日市・Iさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】