アクセスカウンター
  • 1517371総アクセス数:
  • 585今日のアクセス数:
  • 1165昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
カテゴリー
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力のシフトレバー修理は初期症状の時点で修理するのが得策デス!【福岡県福岡市・Sさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県福岡市のSさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

トーハツ2馬力を中古購入し初釣行に行ったものの、アクセルを開けるとエンストしてしまうらしくご入庫いただきました。

お預かりする時にシフトレバーの動きを確認するとだいぶ硬くなっていましたので、不調箇所意外にもオーバーホールをすることにしました。

中古購入の場合は最初にオーバーホールをして使い始めた方が圧倒的に安全安心です!

 

おまかせオーバーホール

 

 

 

型式:3BV(MFA2A)

製造年月 平成19年5月

 

トーハツ2馬力のシフトレバー修理は初期症状の時点で修理するのが得策デス!【福岡県福岡市・Sさん】

分解前に症状確認のためエンジンを掛けてみます。

エンジンはすんなり掛かるもののアクセルを開けると燃料が薄い感触があります。

エンストの原因は恐らく燃料経路が詰まり掛けているのでしょうね。

 

気になったのが検水の勢いが明らかに弱くジョロジョロと出ています。

水路も確認するので後で原因は分かると思いますが、現状はこんな状況です。

 

このあたりのボルト類は錆びがきてますね。

交換しておきましょう。

余談ですがこの当時のボルトと現行のボルトでは材質が変わってます。

 

インペラを外してみるとだいぶ劣化しておりました。

 

インペラ交換

年製は19年ですが各部の状態を見ると使用頻度は少なく、倉庫保管が長かった機のようです。

メンテナンスをすれば良い機に仕上がります。

 

こちら、検水の出口になります。

ゴミが詰まってます。

検水の勢いが弱かった原因はコレでした。

 

A型エンジンです。

細かな箇所がB型とは違います。

私が始めて買ったエンジンがトーハツ2馬力のA型でしたが、

B型と比べると何となく・・・

A型の方が速かったような気がします。

 

主要な箇所をメンテナンスします。

 

固着し易いボルトはグリスアップしておきます。

 

サーモスタット動作OK

 

キャブレターの清掃です。

 

内部に汚れがありましたので不調の原因はここでしょう。

 

シフトレバーのオーバーホール

 

今回レバーの動きが硬かったですが、初期段階でしたのでわりとスムーズに抜けました。

グリス溜まりにはグリスっ気0

シフトレバーの修理は不調になる前の予備整備、もしくは症状初期の段階でメンテナンスする方が費用の面において得策です。

ガチガチになってから修理をするとシフトレバー自体がダメになって交換となるケースが多いです。

 

グリスニップル追加加工

 

ギヤオイル交換

白濁無し

 

錆びていたフライホイールも塗装して綺麗になりました。

 

錆びボルトは交換してリフレッシュ

 

ロアケースの固定ボルトも錆び錆びだったので交換

 

バッチリ良好になりました。

これからじゃんじゃん釣っちゃってください!

 

ご利用ありがとうございました。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】