アクセスカウンター
  • 741719総アクセス数:
  • 90今日のアクセス数:
  • 1301昨日のアクセス数:
  • 0現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら

スズキ2馬力

スズキ2馬力のメンテナンス【山口県山陽小野田市・Mさん】

山口県山陽小野田市・Mさんよりスズキ2馬力をお持ち込みいただきました。

 

Mさんのスズキ2馬力は2019年4月にメンテナンスに出していただいております。

前回のメンテナンス記事はコチラ

メンテナンス後は絶好調だったものの2020年夏ごろから釣行後半のタイミングでアクセルを戻すと回転数が下がりそのままエンストするという症状が出るようになったとのことです。

 

お任せメンテナンス・エンジン不調修理

 

 

 

製造年月:25年8月

型式:00202(DF2)

 

では、見ていきましょう!

 

キャブレターの清掃をする

まずは、エンジン不調の原因として最も多い燃料系をクリアにしておきます。

強力キャブクリーナー「ヤマルーブ」で清掃します。

 

キャブの中はわりと綺麗でしたが細かい経路など、念入りに清掃しておきます。

 

燃料タンク内のガソリンです。

水分の混入も無く問題ありません。

 

燃料フィルター

こちらも綺麗なもんですね。

 

分解前にエンジンを始動をしてみたのですがアイドリングが不安定ということもなく2次エアーの疑いもなさそうです。

 

 

タペット音が少し大きかったので調整しておきました。

 

夏場に症状が出始めた、釣行の後半で症状がでる。

という状況を考えるとこれは温度や熱が関係していると推測し、燃料系・電気系どちらも疑いがあります。

 

プラグは問題なさそうですが目視では確実な判断ができない場合もあるので、ここは無難に交換しておきましょう。

イグナイターも点検します。

 

水路も点検しておきます。

状況から考察するに水路詰まりのオーバーヒートが原因ということも当てはまらないわけではありませんが、内部をチェックする限り今回の要因としては薄いです。

 

エンジンアノードは交換しておきます。

 

サーモスタットは動作に問題は無く塩の固着もありません。

 

アノード交換後

 

インペラは交換するにはまだ早いので今回は点検と再グリスアップをしておきました。

 

インペラはゴムも柔らかく良好な状態でした。

 

ボルトやその他、グリスアップして再組付けです。

 

その他の作業

 

エンジンオイル交換

ギヤオイル交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いアイドリング位置にて1回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

スズキ2馬力・ボートに取り付けるとエンジンが掛からない?【福岡県北九州市・Uさん】

【あなたにおすすめの記事】