アクセスカウンター
  • 1517325総アクセス数:
  • 539今日のアクセス数:
  • 1165昨日のアクセス数:
  • 2現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
カテゴリー
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・ソルトアウェイによるバケツ洗浄の効果は!?【福岡県北九州市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

メンテナンス記事を楽しみにしている皆様、お待たせいたしました!

新たな工場に移って初のメンテナンス記事になります。

 

福岡県北九州市のY(Twitter:赤髪船長さん)さんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

新品購入から約3年

購入当初から使用後はソルトアウェイを45Lバケツの水に混ぜて水通しをしてきており、現状水路が一体どのような状態になっているのか!?非常に気になるとのこと。

 

ソルトアウェイの効果はいかに!?

 

おまかせ

 

 

型式:3BV(MFS2B)

製造年月:平成31年3月

 

トーハツ2馬力・ソルトアウェイによるバケツ洗浄の効果は!?【福岡県北九州市・Yさん】

現状不具合は無いようですが、海で使っていれば使用後に洗浄をしていても確実に塩が溜まっていっています。

ここいらでフルメンテナンスをして状態を一旦リセットしておきましょう。

サクっとエンジンを下ろして一通りのメンテナンスをやっていきます。

 

そうそう、キャブレターを外してみるとガスケット&インシュレーターの向きが前後左右逆になっていました。

組付け時には正規の状態で組みます。

 

エンジン下側の水路の状態

流石に塩分濃度が濃い海水なので全く塩が無いとはいきませんが、3年使用していることを考えると良い方かなと思います。

 

サーモスタット

 

ケース内部はこんな感じです。

バケツ洗浄時はなかなかサーモスタットが開かないので、この部分に真水を通すのはなかなか難しいのでまぁこんなもんでしょう。

 

サーモスタット単体テストOK!

 

ソルトアウェイを使っていても塩は溜まりますが、そんなにカチカチではなくわりとサクサクと除去できます。

バケツ洗浄だと原液からかなり希釈することになりますので、飛躍的に効果があるとまではいきませんが、塩も落とし易いことを考えると使わないよりは使った方が良く効果はあると思います。

 

エンジン下ろしたタイミングでここもやっときます。

 

使用頻度にもよりますが、2~3年に一度エンジンを下ろしてフルメンテをするのが理想です。

 

タペット調整もね。

 

シフトレバーは固着してから修理するのと、定期的にオーバーホールをするのでは船外機自体が受けるダメージが違います。

固着しているシフトレバーは簡単には抜けませんから、正常な状態でも定期的にオーバーホールをする方が断然良いです。

 

この船外機はシフトの動きは固くなっていませんでしたが、

このようにOリングの隙間に塩が溜まり始めておりました。

Oリングも一部切れていますね。

こういった状態からどんどん悪化していき固着するのです。

 

不調になる前ににオーバーホールをすることで程度を下げることなくいつまでも良い状態を維持できます。

 

このグロメットも劣化しますよ~

 

キャブレターもキッチリ清掃しておきます。

 

燃料フィルターはゴミ少々。。。

 

インペラ交換もしておきましょう。

以前にYさんがボルトのグリスアップをしていたので難なく外すことができました。

 

とはいえ、グリスアップのみだとこのように徐々に塩が進行していきます。

組付け時は塩嚙み防止処理をします。

 

 

ギヤオイル交換

白濁はありませんでした。

 

●エンジンオイル交換

 

その他、するべき作業をして完了としました。

 

交換した部品

ガスケット類は写っていないものもあります。

ご利用ありがとうございました。

 

エンジンが掛かり辛いという現行型のトーハツ2馬力【福岡県行橋市・Oさん&Sさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】