アクセスカウンター
  • 1444110総アクセス数:
  • 753今日のアクセス数:
  • 1323昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
【中古船外機販売】
カテゴリー
スズキ9.9馬力(2st)

スズキDT9.9馬力・ギ、ギヤオイルが大変なことになってます!【福岡県直方市・Tさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県直方市のTさんからスズキDT9.9馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ

 

 

型式:00993(DT9.9)

製造年月:14年06月

スズキDT9.9馬力・ギ、ギヤオイルが大変なことになってます!【福岡県直方市・Tさん】

DT9.9馬力、始めて触る機種なので楽しみなところです!

 

 

ほうほう、キャブはこんなんなのね。

アクセル開度に伴い進角テーブルに取り付けれているプレートがスロットルを押して開閉する仕組みとなってます。

 

平成14年製、細かなところまでチェックしていきます。

 

まずスロットルを回してみて違和感を感じました。

スロットルが重く回すとブチブチブチという感触。。。

これアクセルワイヤーが切れ掛かっています。

 

アクセルワイヤー交換します。

ハンドル軸に付いていたスペーサーが割れ落ちたらしく、ハンドルを立てた状態で固定することができません。

組付け時にはスペーサーを入れます。

 

アクセルワイヤー単体での検査

アクセルワイヤーを円形にして抵抗を掛けつつスロットルを回してみたら、やはりブチブチという感触が伝わってきます。

やはり切れ掛かっています。

沖でワイヤーが切れたらと思うと恐ろしいですね。

 

塩で固着しており、なかなか抜けませんでしたがようやく抜けました。

 

アクセル周りのこのパーツもガタが多いので交換します。

 

左側、付いていた物

右側、新品

 

【悲報】ギヤオイルが重度の白濁してる!!

ギヤオイルを抜いてみると、ナンジャコリャー!状態です。

ペースト状の白濁したギヤオイルが出てきました。

こんなドロドロになったギヤオイルは初めて見ました。

 

去年の8月に他所でインペラ交換をしたそうなのです。

その時にインペラボルトが1本折れてしまったらしく、その部分は貫通ボルトで取り付けしているとのことです。

原因はそこなのか!?

 

これですね。

 

下からボルトを入れてダブルナットで固定しています。

 

こういうことですね。

 

しかし、これってネジ山がケースの外に出ているので構造上、白濁とは関係ありません。

白濁の原因は別の部分にあるようです。

 

ちなみにTさんはロアケースの交換も視野に入れておりましたので、価格を調べてみるとなんと5万円オーバー!

白濁の原因はボルト貫通とは関係ないことを伝えると、現物メンテでお願いしますとのことでした。

流石に5万円オーバーだと私もそうします。。。

ということで交換した方が良い部品や消耗品は全て交換していきます。

 

 

ポンプベースを抜きます。

 

ポンプベースは穴が拡大しており状態が良くないので交換することにします。

 

 

ペラ側、オイルシール

当たりが緩くて白濁したギヤオイルが滲み出てきてます。

 

ペラ側オイルシールを外したところ。

海中に浸かる部分のオイルシールは外周に塩が入り込みます。

 

なので、密着性の高い1215液体ガスケットを外周に塗ってから取り付けます。

 

オイル流通の穴を塞いでしまわないように薄く塗ります。

 

内側にはシリコングリスを。

 

内部はドロドロ状態。

 

全てパーツクリーナーで綺麗に清掃します。

 

 

 

 

冷却水吸い上げ部分のグロメット

こういった部分も硬化しているので交換します。

シフトロッド周りのOリングなども全て交換。

 

ボルトはしっかりと固定はしているもの、見た感じちょっと心もとないのでもう少し強化することにします。

 

これでヨカでしょう。

 

ポンプベース下はキッチリと平面になりました。

 

これでOK!

 

ボルトの頭は完全に埋めました。

 

お次は燃料系のメンテナンスです。

キャブレターを清掃

 

パイロットジェットもだいぶ汚れてます。

 

燃料フィルターの清掃

 

リードバルブ

 

その他の主な作業

●サーモスタットの点検

動作OK!

 

●スターターロープの交換

 

アノードが3箇所あるのですが、全部このような状態でしたので全て交換しました。

 

アノードの状態がよろしくなかった影響で塗装が浮いてしまっています。

●エアーで吹いたらこれだけ剥がれました。

ざっと塗装しておきました。

 

●燃料ホースコネクターからのガソリン漏れがありました。

スズキのコネクターは種類があって適合が分かり辛いので、トーハツ用のコネクターに変更しました。

 

●ギヤイル交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてSTART位置にて2~3回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】