アクセスカウンター
  • 1133002総アクセス数:
  • 164今日のアクセス数:
  • 876昨日のアクセス数:
  • 5現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら
GARMIN

【GARMIN】クイックドロー記録中に色分け水深表示にする方法

こんにちは、D2(@gomubo_club)です

 

機種:GARMIN EchoMAP CHIRP 74SV

 

【GARMIN:クイックドロー付き機種】

購入時の状態はクイックドロー記録中は水深の色分け表示が出ない設定となっています。

これを、クイックドロー記録中でも水深の色分け表示が出るようにする設定のやり方を説明致します

 

Quickdraw Contours:クイックドロー記録中でも水深の色分けデータを表示させる

 

 

地図画面及びクイックドローの画面の時にMENUを押します

 

Quickdraw Contoursのボタンを押します。

 

次はSettingsを押します

 

Survey ColoringをOFFにします。

 

これで、クイックドロー記録中でも水深の色分けデータが表示された状態になり、更にリアルタイムで色分けされながら記録されていきます。

 

クイックドロー記録中に色分け水深表示にする方法は以上で終わりです。

 

ガーミン echoMap Chirp74SVの初期設定はこちらの記事に記載しています

ガーミン魚探の設定
【並行輸入】ガーミン魚探購入時にする様々な初期設定のやり方【ゴムボくらぶ】並行輸入のガーミン魚探の設定方法を書いた記事です。並行輸入のガーミンは殆ど、情報が無いので設定お困りの方は是非活用してみてください。...

ヘディングセンサーを取り付けた時の設定はこちらの記事に記載しています

ガーミン魚探
ガーミンechoMAP/CHIRP74sv・ヘディングセンサーの設定方法【ゴムボくらぶ】ガーミン魚探にヘディングセンサーを取り付ける時の設定方法を記載しました。ご参考に。ヤフオク自作ヘディングセンサー取り付け。...

GARMIN・クイックドローの読み込みが遅いのはファイルが壊れているのが原因かも!?

ガーミン魚探記事一覧

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●金属部分に使える超耐水グリス

個人メンテナンスなら80gタイプがグリースガンのサイズなどを考えると嵩張らずに良いかなと思います。

 

●80g用のグリースガン

グリースニップルからの給油はグリースガンを使って行います。

ジャバラごと入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット!

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215はマジお勧めです!

オイルシールの外周に塗って下さい。

 

●シリコングリース

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

こちらのWako’sのラバーグリースもシリコングリースとして使っており、こちらも良いです。

 

●マリンスプレーの定番!

CRE 6-66

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです!

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類なんから浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

 

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外すのにピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くなかなか良いですよ。

 

●錆防止スプレー(シャーシーブラック)

シャーシーブラックは錆の進行を抑えるスプレーです。

黒色なので塗っても違和感が出難いです。

錆び易い金物に是非塗ってください。

 

いかがでしたか?

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきますね~!

【あなたにおすすめの記事】