アクセスカウンター
  • 1328478総アクセス数:
  • 53今日のアクセス数:
  • 949昨日のアクセス数:
  • 1現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
マーキュリー Sea Pro 9.8馬力・15馬力

マーキュリーシープロ9.8馬力が関西からやってきた!【兵庫県丹波篠山市・Sさん】

ゴムボくらぶです

 

兵庫県丹波篠山市のSさんからマーキュリーシープロ9.8馬力のメンテナンス依頼をいただきました。

2馬力から9.8馬力にパワーアップするということです!

 

おまかせメンテナンス

 

 

 

製造年月:19年2月

型式:3K9

マーキュリーシープロ9.8馬力のメンテナンス

シープロ9.8馬力といえばヘッドカバーのボルトが鬼門です。

このボルトに関しては船外機を送っていただく前に事前にメールでお話をさせていただいており、固着していた場合は状況に合わせてお客様と話し合い臨機応変に対処することになっています。

では、各部をチェックしていきましょう。

 

カウル内部に何故か砂がたくさん入っています。

う~む、錆や腐食の状況を見ると水没歴があるかもしれません。

しかし、幸いにもエンジンを掛けてみると調子は良いようです。

 

さて、問題のヘッドカバーのボルトですが残念ながら11本全て固着しています。

こういった場合はオーナーさんと相談してからどうするか決めますので、ボルトが捻じれるまでは力を入れません。

M6のボルトが捻じれずに緩む締まり具合は把握しており、その範囲内で固着しているかどうかを判断します。

 

現在の冷却状態がどんな状況なのかを良く考察します。

サーモスタットは開閉しているのか?

閉じたままなのか?

開いたままなのか?

サーモスタット通過後のパイロットウォーターで判断します。

すると、どうやらサーモスタットが開いたままのよう。

 

何とかボルトが緩められないものかとエンジンを下ろしてできる限りのことを試してみましたが全くダメです。

無理やり回すと確実に全部折れます。

 

これを正式に修理するとなるとシリンダーブロック交換となりメンテナンス代金は10万コースを覚悟しないといけません。

「インペラを交換して水が回るだけではメンテナンスではない」

と言われる方もいます。

シリンダーブロックを交換してくれと言われれば交換しますがメンテナンス代金も跳ね上がります。

お客さんそれぞれの考えもありますので、個人の拘りだけで勝手なことはできないのです。

お金を出すのはお客さんですからね。

 

サーモスタットは閉じたままだとオーバーヒートするので使えませんが、開いたままは取り敢えず使うことができます。

サーモスタットが付いている機体はちゃんと開閉するのが勿論理想ですけどね。

 

サーモスタットの役目は冷間時は弁を閉めて早くエンジンを温め、ピストンを膨張させシリンダーとのクリアランスを適正に保つことです。

ちなみに、マーキュリーの2馬力2ストや5馬力の2ストは元々サーモスタット自体がついてなく冷却水は流れっぱなしでこういった船外機もあります。

 

このような状況を踏まえてSさんに現在の状況をお伝えしたところ、サーモスタットに関してはそのままでお願いしますというお返事でした。

同機の新品購入も視野に入れておられるようです。

 

サーモスタットを通過した冷却水は画像一番左側の真ん中の長丸の穴から外に出ます。

 

その他の箇所を見ていきます。

付いていたインペラはこのような状態でした。

 

シフトレバーのOリングも交換しておきましょう。

 

新品のインペラ

 

キャブレターの清掃をしておきます。

 

この穴はパイロット系統で主にエンジン始動に影響します。

 

ジェット類も綺麗に清掃

 

燃料フィルターはゴミが溜まっていますね。

 

左:新品

右:古いやつ

 

外部タンクの中も清掃します。

この中にもフィルターがあるのでもちろんこちらも清掃します。

 

外部タンク内部から出た汚れ

 

外部タンクのエンジン側コネクターからのガソリン漏れがありましたので修理しました。

 

配線もチェックしときます。

 

端子が簡単にボロっと折れました。

こちらも修理。

 

配線を止めるクランプの腐食が激しかったので交換しました。

 

その他の作業

トリムタブは交換しなくても良かったですが、一回外してネジ穴を綺麗にしておきます。

こうすることで後にオーナーさんが外そうとしたと時に塩嚙みしているという状況にならないよう極力回避しておきます。

 

●プラグ交換

●ギヤオイル交換

●各部グリスアップ

●可動部調整

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いて2回で始動

【温間始動】1回で始動

【検水】良好

【吹け上がり】良好

*パイロット調整・アイドリング調整

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

マーキュリーシープロ9.8馬力 ・ヘッドボルトの固着問題解決か!?【愛知県豊川市Tさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】