アクセスカウンター
  • 2143365総アクセス数:
  • 0今日のアクセス数:
  • 821昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
ホンダ2馬力

沖でエンジンが掛からなくなったホンダ2馬力をメンテナンスします!【山口県下関市・Mさん】

ゴムボくらぶです

 

山口県下関市のMさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

1年ぐらい前に中古購入されたとのことですが、数回使用したところ沖でエンジンが掛からなくなってしまったとのことです。

 

おまかせ・ステンレス化

 

 

 

型式:BZBF(BF2DK2)

製造年月 2013年12月

 

沖でエンジンが掛からなくなったホンダ2馬力をメンテナンスします!【山口県下関市・Mさん】

定番のエンジン固定ボルトもサビサビです。

まだ頭は残ってるので緩められそうです。

画像下部に写っているチルトストッパーが固着しておりますので復活させときます。

 

各部の状態を見ると使用頻度は少なかった機体のようですね。

 

何故かこんなところにPEラインが。。。

 

この辺りは良く錆びてますね。

 

ステンレスヘッドカバーに変更します。

 

一般的にイメージするステンレスと見た目が違うのは表面処理をしているからです。

DK2以降のヘッドカバーボルトは元々ステンレスになっています。

純正でステンレスボルトの部分は純正品優先で使います。

フランジ付きボルトの方がしっかりしてますので。

 

燃料系のメンテです。

チャンバーは交換ですね。

 

ステンレスドレンのチャンバーになりました。

 

こちら、ロアケースのオイルシール

ギヤオイルを抜いてみると白濁は無かったものの、このようにひび割れが酷く白濁するのも時間の問題かといった感じでした。

海水浸かる部分は特に劣化し易いです。

 

交換後

これで安心デス♪

 

こちらも交換しました。

 

ギヤ関係は意外と汚れが溜まりやすく中は汚れているもんです。

ギヤ周りを分解した際にはこのように綺麗に清掃してから組んでいます。

 

マフラーは塩の固着も無く良好な状態です。

 

立派な状態になりました。

 

スターターロープも劣化しているので交換しておきます。

 

首の動きが悪いので分解清掃

 

その他気になる箇所は全てやって終了としました。

パイロット調整・アイドリング調整

バッチリ絶好調になりました。

 

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力・エンジン載せ替え、オイル管理はシビアに!【福岡県北九州市・Tさん】

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】