アクセスカウンター
  • 2117701総アクセス数:
  • 64今日のアクセス数:
  • 749昨日のアクセス数:
  • 0現在オンライン中の人数:
LINEで気軽にお問い合わせができます!
友だち追加
船外機メンテナンスのご依頼について
カテゴリー
トーハツ/マーキュリー2馬力/3.5馬力(4st)

いろいろと手を入れたトーハツ2馬力ですがバッチリ仕上がりました【福岡県福岡市・Hさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県福岡市のHさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

数年間保管していたトーハツ2馬力

再度、ミニボート釣りを始めようということでご入庫いただきました。

 

おまかせコース

 

型式:3BV(MFS2B)

製造年月 23年2月

 

いろいろと手を入れたトーハツ2馬力ですがバッチリ仕上がりました【福岡県福岡市・Hさん】

 

メンテナンスに取り掛かる前に各部の状態ををよく観察してみます。

すると過去にオーバーヒートをしている形跡がありましたのでそういったことも踏まえてメンテナンスを行っていきます。

 

取り敢えずエンジンが掛かる状態にして始動してみると水温がどんどん上がっていきます。

これは何か問題があるようですね。

 

インペラをバラしてみると羽根が無い。

このような場合は切れた羽根が水路を塞いでいる可能性がありますので探し出す必要があります。

 

ほぼ全部の羽根を回収しました。

一つだけ小さな破片が見つかりませんでしたがサイズ的に恐らく排水されてます。

分解しながら念入りに水路を点検します。

 

インペラボルトは強烈に固着しておりました。

ギリギリ緩んだ感じ。

 

インペラが新しくなりましたので安心です。

 

サーモスタットアウトでした。

オーバーヒートした影響でイカれてますね。

 

キャブレターの中が凄い状態になっていますので徹底的に清掃します。

 

 

シフトレバーの動きも硬かったのでオーバーホールです。

 

グリスニップル取付加工

 

オーバーヒートするとこういった部分にも損傷が出ます。

アクセルワイヤー交換。

 

幸いにもエンジン本体は大丈夫でした。

シリンダーブロックとヘッドが一体か?

別々になっているか?

こういった違いによってもオーバーヒート時の損傷具合も変わってきます。

 

燃料タンク割れアリ。

このぐらいの年代のヤツは燃料入れっぱなしで圧が高まり割れていることが多いですね。

現行型にでも言えることですが、このプラタンクは保管用ではないので余ったガソリンは抜いておくのが無難です。

キャブに繋がる燃料ホースを抜けば簡単にほぼ抜けます。

 

固着しているアノードも外して、今後ちゃんと管理できるようにしておきます。

 

その他にもいろいろと手を入れて安心して使える状態になりました。

これからまたミニボート釣りを楽しまれるとのことなので安全航行で楽しんでく下さい!

 

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力・今のうちにやっときましょ【福岡県北九州市・Mさん】

トーハツ2馬力の新品納品

メンテナンスのご依頼は公式LINEからもOK!

友だち追加

【あなたにおすすめの記事】