アクセス集計
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 623今日のアクセス数:
  • 755昨日のアクセス数:
  • 406060総アクセス数:

ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・真鍮ドレン固着でステンレスドレンへリメイク【福岡県福岡市・Yさん】

こんにちは、ゴムボくらぶ(@gomubo_club)です

 

福岡県福岡市・Yさんよりホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

 

依頼内容

ステンレスボルト化・ステンレスヘッドカバー化

おまかせメンテナンス

ステンレスボルト化には、YES 安原エンジンサービス様のオリジナルステンレスネジセットと自社のオリジナルステンレスネジセットを使います。

 

製造年月:2015年2月

型式:BZBF(BF2DK2)

 

 




ステンレスヘッドカバーに交換

燃料タンクの足にゴムがついているのですが、このゴムが切れていましたので2か所交換しておきます。

 

 

着々とバラしていくと多少の錆は出ているものの錆は軽度です。

 

エンジン下りました。

ヘッドカバーは綺麗な状態ですね。

 

ヘッドカバー開けついでにタペットのクリアランスを確認してみると、やや広かったので気持ち調整しておきました。

 

クラッチのお椀部分に何故か焼けのような跡が見受けられますがベアリング・クラッチシュー共に動作は良好でしたので問題ありません。

 

ステンレスヘッドカバーに交換完了。

綺麗ですね。

ヘッドカバーの固定ボルトや遮熱版のボルトはステンレスとなりました。

 

イグナイターを外して見てみると錆が少々。。。

錆を落として防錆処理

 

キャブレターのオーバーホール

ガスケットセットを使ってキャブレターをオーバーホールします。

キャブ前後のガスケットも交換。

 

 

チャンバードレンのネジが固着しておりビクともしません。

真鍮製のドレンは長期間緩めないと固着し易いという特性があります。

シーズンオフや暫く船外機を使わない場合は、ドレンを緩めて内部のガソリンを全部抜くことをおすすめします。

そうすることで、内部に水分が溜まってた場合も水分放出となりトラブル防止になります。

 

キャブクリーナーで綺麗に内部を清掃します。

 

こちら側も清掃してガスケット類を交換します。

 

チャンバーセットで交換して、ドレンは真鍮製からステンレス製になりました。

ドレンをステンレス製にするにはチャンバーセットで交換しなければならないため、問題の無いドレンをわざわざ交換することはないと思いますが、ドレンが固着したりチャンバーの錆が進行した時にはステンレスドレンへの交換タイミングかなと思います。

 

燃料タンクはゴミ少々でした。

清掃しておきます。

今までオイル交換程度しかしていないとのことでしたので、そんなにゴミが溜まっていないのは使用している携行缶や管理が良いのだと思います。

 

プラグ交換

プラグがだいぶ黒くなっていますのでこの機会に交換しておきます。

 

排気ガスが少し濃いようです。

ハイオク入れているのかな?

組み上げてからスロー調整をします。

 

スターターロープ交換

スターターロープを交換しておきます。

リコイル出口のリングは錆びていなかったのでロープだけでOKです。

 

シャーピン交換

シャーピン曲がっていました。

矢印の位置に回転打痕による亀裂が入っており、このまま使い続けるとこの位置からポッキリと折れますので定期的な点検・交換が必要です。

シャーピン&割りピンを交換。

予備ホルダーに割りピンが入っていなかったので2つ注文して、1つをホルダーに入れておきました。

 

グリスアップ

各稼働部をグリスアップします。

ニップルからのグリスアップには写真のグリースガンが使いやすいです。

グリスはウレア系の耐水グリスでOK。

 

その他の作業

エンジンオイル交換(ドレンOリング交換)

ギヤオイル交換

アクセルワイヤー調整

アノード磨き

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2回で始動

【音間始動】アクセルはアイドリング位置にて1回始動

【吹け上がり】良好

スローの調整

 

交換した部品

 

ステンレスに交換したネジ類

ご利用ありがとうございました。

Pick up!!
【同カテゴリー内の記事】