アクセスカウンター
  • 1132972総アクセス数:
  • 134今日のアクセス数:
  • 876昨日のアクセス数:
  • 3現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力メンテナンス【福岡県北九州市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県北九州市Yさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼をいただきました。

 

おまかせコース

 

 

 

 

型式:3BV

製造年月:25年3月

 

では、見ていきましょう

 

トーハツ2馬力メンテナンス

シフトレバーの動きがちょっと固いのでオーバーホールもしていきます。

 

まずはインペラ交換かららっていきましょう。

さて、ボルトは緩むかなぁ~

折れてしまうと後が大変なので折らないようにベストを尽くします!

 

4本ともすんなり・・・

とはいきませんでしたが何とか折らずに外せました。

 

そっとケースを外したままで撮影しましたが羽根の向きがおかしいのがありますね。

 

 

ビックリしたのが水路がとても綺麗です。

年製は25年ですが各部の状態を見るとあまり使ってないのかなぁ?

といった印象です。

 

新しいインペラに交換して、ボルトには固着防止処理を施して組み上げます。

 

シフトレバーのオーバーホール

エンジンを下ろしてシフトレバーのオーバーホールをしておきます。

今はまだ少し固い程度なのでシフトレバーも抜きやすいです。

この段階でやっておくことが重要なのです。

 

こちらの水路も綺麗で素晴らしい。

 

シフトレバーはこんな状態でした。

分解整備しないと悪化の一途を辿ります。

 

Oリングを交換して超耐水グリス満タンで組付け。

 

グリスニップルが無い年製なので取り付けておきました。

下のボルト4本がサビサビ

 

 

サビサビボルトを交換してリフレッシュ!

交換後のボルトは交換前のボルトとは材質が違い錆び対策されたものなので今後はそう簡単には錆びません。

これだけで随分と印象が変わりますね!

 

その他の主な作業

●クランクケースヘッドのメンテナンス

 

●タペット確認(基準値内でした)

 

●サーモスタット点検OK

 

●アノード清掃(ネジ山タップ切り直し)

 

●キャブレター交換・燃料フィルター清掃

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●シャーピン交換

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いて2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力の不動修理【福岡県直方市・Tさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●金属部分に使える超耐水グリス

個人メンテナンスなら80gタイプがグリースガンのサイズなどを考えると嵩張らずに良いかなと思います。

 

●80g用のグリースガン

グリースニップルからの給油はグリースガンを使って行います。

ジャバラごと入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット!

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215はマジお勧めです!

オイルシールの外周に塗って下さい。

 

●シリコングリース

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

こちらのWako’sのラバーグリースもシリコングリースとして使っており、こちらも良いです。

 

●マリンスプレーの定番!

CRE 6-66

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです!

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類なんから浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

 

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外すのにピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くなかなか良いですよ。

 

●錆防止スプレー(シャーシーブラック)

シャーシーブラックは錆の進行を抑えるスプレーです。

黒色なので塗っても違和感が出難いです。

錆び易い金物に是非塗ってください。

 

いかがでしたか?

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきますね~!

【あなたにおすすめの記事】