アクセスカウンター
  • 1328465総アクセス数:
  • 40今日のアクセス数:
  • 949昨日のアクセス数:
  • 1現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・ドレンの締め過ぎにはご注意を!【福岡県北九州市・Kさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県北九州市Kさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

おまかせ

 

2か月ぶりにエンジン始動してみたところ、カウル下のホースからガソリンが漏れてきたとのことです。

その他、シフトレバーの動きが固い状態ですのでおまかせコースでご依頼いただきました。

 

では、見ていきましょう

 

製造年月:30年7月

型式:3BV(MFS2B)

 

トーハツ2馬力のメンテナンス

分解する前にエンジン始動してみたら明らかに検水の勢いが弱いです。

アクセルを開けても勢いはほぼ変わらず。

 

ということで、まずはインペラをバラシていきましょう。

トーハツ2馬力の鬼門!

さて、ボルトは緩むかな!?

 

orz

ベストは尽くしましたが残念ながら1本逝きました。

 

そしてインペラ自体は切れているなどは無く、何故検水の勢いが弱かったのだろうか??

水路に詰まりなんかが無いかなど念入りに見てみることにします。

 

さて、折れてしまったボルトはこの画像で右下になる位置です。

 

ポンプベースを持ち上げて。。。

凄い塩だ。

折れボルトを摘出します。

 

完全に塩で詰まってる。

こりゃ折れるわなぁ~

 

ヨシ、無事摘出成功!

 

塩掃除をしてから新しいインペラを組みます。

そして二度と塩嚙みしないように対策をします!

 

コチラ、インペラから繋がるウォーターパイプ

出口付近に塩が溜まっていますね。

 

棒を突っ込んで内部確認もしておきます。

 

ドレンのネジ山飛んでます!

エンジンオイルのドレンからオイルが漏れてます。

アレ?

しっかり締まってないのかな?

と確認をするとグニュと中途半端に緩い嫌な感触が。。。

コレ、ドレンのネジ飛んでますね。

オイル交換の時に締め過ぎてます。

 

材質はアルミなので締め過ぎると簡単にネジ山飛びます。

締め具合を文章で伝えるのはなかなか難しいですが、ドレンを手で絞めていって固くなった位置から適度な力で1キュでOKです!

不安な方はトルクレンチを使うことをお勧めします。

メーカー規定の締め付けトルクは1.8kg/m

 

完全にアウト

 

トーハツ2馬力はドレンのネジ山がダメになるとオイルパンごと交換になります。

 

これがオイルパンです。

気密性が必要な箇所なため修正ではなく交換となりました。

 

 

その他の作業

●キャブレター・燃料フィルターの清掃

 

●シフトレバーのオーバーホール

 

●サーモスタットの点検

OK!

 

●タペット調整

 

●クランクケースヘッドのメンテナンス

 

トーハツ2馬力はフライホイールが良く錆びるんでよね

 

錆止め塗っときました。

 

検水の勢いも良くなりました。

 

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

 

試運転

【冷間始動】2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹け上がり】良好

【検水】良好

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

トーハツ2馬力・インペラボルト折れからのギヤオイル白濁【大阪府泉佐野市・Kさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】