アクセスカウンター
  • 890536総アクセス数:
  • 662今日のアクセス数:
  • 1457昨日のアクセス数:
  • 2現在オンライン中の人数:

カテゴリーはこちら

ホンダ2馬力

ホンダ2馬力・クランクシールからのオイル漏れ【佐賀県伊万里市・Aさん】

ゴムボくらぶです!

 

佐賀県伊万里市Aさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼をいただきました。

今回、ご友人であるKさんのホンダ2馬力も一緒にお持ち込み頂いていますがまずはAさんのホンダ2馬力のメンテ記事です。

 

お任せメンテナンス

 

 

 

製造年月:2015年3月

型式:BZBF(BF2DK2)

 

では、見ていきましょう

 

ホンダ2馬力(BF2DK2)メンテナンス

お任せメンテでは毎回やっていることですが分解の際、錆び易いネジをステンレスに変更して組付けます。

 

エンジン下のこの部分が黒く汚れているというホンダ2馬力オーナーさんは多いのではないでしょうか?

原因はマリンスプレーの流入によってグリスが希釈され流れ出す、もしくはグリスの入れ過ぎです。

舵の動きが固くなったら少量をこまめにグリスアップするようにすると汚れにくいです。

分解清掃して適量のグリスを入れておきます。

 

錆も少なく綺麗ですね

 

ヘッドカバーの錆も無く良い状態のようですね。

 

さて、先ほどの画像をもう一度良くみてみましょう。

すると、あってはいけない場所にオイルがあります。

通常この場所にオイルは無くエンジンオイルが漏れてます。

 

上側のクランクシールから漏れてますね。

 

オイルシールのアップ

ゴムが硬くなっている訳でもなく切れている訳でもありませんが、明らかに漏れてるので交換することにします。

DHはクランクシールがあまり良くないという話もありますが、DK2も年製によってはそうなのだろうか。。。

 

エンジン内部

クランクシャフトもチェックしましたが問題はありませんでした。

 

オイルシール交換完了

 

ステンレスヘッドカバーに交換

*タペット調整

 

 

排気管に結晶アリ

ドライブシャフトを抜いてみてこのように上部に錆が出てる場合は排気管に結晶が付いているのでチェックが必要です。

 

まだ重症ではありませんがやはり結晶が溜まっているようです。

 

結晶が溜まるとトラブルの原因となりますので早めに対処しておいた方が良いです。

 

結晶を落としてピカピカになりました。

こういった清掃作業は排気管やロアケースが分解可能な場合となります。

 

 

 

キャブレターがアウト

キャブレターの清掃をするために分解していくと、メンジェットが完全に固着しており分解できずでした。

 

そして、チャンバーの取り付け部分であるセンターのネジ山が一部腐食しております。

これではどうしょうもないのでキャブレターはASSY交換することにしました。

 

新品のキャブレター

 

●燃料タンクやフィルターなどもメンテナンス

 

その他の作業

スターターロープ交換

プラグ交換

イグナイターメンテナンス

エンジンオイル交換

ギヤオイル交換

シャーピン・割ピン交換

その他諸々

 

試運転

【冷間始動】チョークを引いてアクセルはSTART位置にて2回で始動

【温間始動】1回で始動

【吹か上がり】良好

●スロー調整・アイドリング調整

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

 

ホンダ2馬力・排気管に結晶アリ【佐賀県伊万里市・Kさん】

【あなたにおすすめの記事】