アクセスカウンター
  • 1521983総アクセス数:
  • 730今日のアクセス数:
  • 980昨日のアクセス数:
  • 1現在オンライン中の人数:
船外機メンテナンスの依頼はコチラから
カテゴリー
ホンダ2馬力

ホンダ2馬力メンテナンス・海上でエンストあり【福岡県飯塚市・Hさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県飯塚市のHさんからホンダ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

最後に使った時に2度ほどエンジンが止まってしまったことがあったそうですので、こういった経緯も意識しつつ見ていってみましょう。

 

おまかせ・ステンレス化

 

 

型式:BAAC(BF2DH)

製造年月:平成2020年01月

 

ホンダ2馬力メンテナンス・海上でエンストあり【福岡県飯塚市・Hさん】

海上で2度エンジンが止まってしまったとのことですが、一体なにが原因なのでしょうか?

 

2020年製ということで全体的に錆が少ないですが下から覗いてみると塩はそこそこ付いているようですね。

一旦ここで全体的な塩掃除をしておきましょう。

 

ステンレスヘッドカバー&ステンレスボルトなので簡単には錆びないものの、このまま放置しているとボルト固着の方が心配です。

いざ外そうとしたら外れない~なんてことも。。。

 

一回開けてタペットの調整をしておきます。

船外機のボルトって基本的に外したら全てのボルトをグリスアップします。

海で使うものなので油断は大敵ですよ~

あっ!ロッカーアアーム周辺にヤバイ状態の箇所があります。

この状態で出荷している!?勝手に動いた!?

危ない危ない。。。きちんと調整しておきます。

 

ヨシヨシ、これでヨシ♪

 

排気管に塩溜まってそうだな~

 

OH!!

ギヤオイルの白濁を確認しました。

 

ドライブシャフト側オイルシールに砂溜まってます。

離着岸時に砂浜とロアケースを近づけ過ぎると砂を巻き上げ排気口から吸いこみ、このようにオイルシールの上に砂が乗ってしまいます。

 

そうするとオイルシールのリップ部分に砂が入り込みシルシールを痛め海水混入となってしまうのです。

ホンダ2馬力は他メーカーの水冷式エンジンと違ってドライブシャフト側のオイルシールがモロ露出しているので砂に近づけ過ぎないように気をつけないといけません。

海岸の地形にもよりますが船首が膝ぐらいの水深になったところで下りたら良いかと思います。

海水混入の原因はここですね。

 

交換完了

 

こちらプロペラシャフト側のオイルシール

あまり状態が良くないのでこちらも交換しておきましょう。

 

ホイ

 

さて、排気管を抜こうとしたら予想通り塩の付着が多く簡単には抜けなかったんですが、これだけボロボロと塩が落ちてきようやく抜けました。

 

ドライブシャフトにも錆びが出ています。

 

今ならこのように戻ります。

定期的にリセットしてやることが大事ですね。

 

ちなみに「ホンダ2馬力は空冷式なのでノーメンテで大丈夫」という認識の人も居るかと思いますが、実は2馬力の中では一番定期的に手を入れとかないと良好な状態を保てない機種です。

お見知りおきを。。。

 

リフレッシュ

 

ドベドベになってたグリスも綺麗になって気持ちが良いですね!

 

お次は燃料系のメンテナンスです。

 

キャブレターの中はそんなに汚れてませんでしたが全てをクリーンにしておきます。

 

その他、特に問題がある箇所は無く各箇所の調整をベストな状態にして組み上げました。

現状これで止まる原因はありませんので大丈夫だと思います。

 

●プラグ交換

●エンジンオイル交換

●ギヤオイル交換

●各部グリスアップ

 

交換した部品

 

ご利用ありがとうございました。

 

突然ホンダ2馬力のペラがまわらなくなった!【兵庫県川西市・Mさん】

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】