アクセスカウンター
  • 1328468総アクセス数:
  • 43今日のアクセス数:
  • 949昨日のアクセス数:
  • 0現在オンライン中の人数:
カテゴリーはこちら
トーハツ2馬力

トーハツ2馬力・ここだけは油分厳禁です!【福岡県福岡市・Yさん】

ゴムボくらぶです

 

福岡県福岡市のYさんからトーハツ2馬力のメンテナンス依頼を頂きました。

ありがとうございます。

 

年に1~2回のペースで定期点検に出してくれているYさんのトーハツ2馬力

単独で出航することが多いYさんは海上トラブルが起こらぬようにマメにメンテナンスに出してくれています。

私もその気持ちに答えるべく常に万全のコンディションで楽しんでもらえるようメンテナンスをさせていただきます。

 

おまかせ(定期点検)

 

 

型式:3BV(MFS2C)

製造年月:令和2年10月

トーハツ2馬力・ここだけは油分厳禁です!【福岡県福岡市・Yさん】

現状、良好な状態ではありますが船外機メンテナンスは予防整備が鉄則ですので各部をチェックしていきます。

 

Yさんのトーハツは過去プラグは未交換ですので今回は交換しておきましょう。

 

新しいプラグと古いプラグ

トーハツ2馬力純正プラグ(DCPR6E)

 

サーモスタットの点検&清掃をしておきましょう。

サーモスタットはゴムの隙間に塩が蓄積しますので定期的に取り外して塩清掃&動作確認をすることで良好な状態を保てます。

トーハツ2馬力用サーモスタット↓

 

動作確認OK!

サーモスタットの動作確認をする時ってこのように水からサーモスタットを浸けて開閉温度まで上げていきますが、温度を上げ過ぎて沸騰させてしまうとサーモスタットが逝ってしまいます。

なので、動作確認に温度計は必須アイテムになります。

船外機のサーモスタット開閉温度はだいたい50~60℃。

 

水通しをしていてもこのように少しづつ塩が溜まっていきます。

水通しをしなかったら更に凄いことになります。

 

OK!

 

タペット音がちょっと気になったので調整しておきました。

 

エンジンにマリンスプレーを掛けられているようです。

錆びないようにとこのようにマリンスプレーを掛けている方は結構居ると思いますが、

ここだけは掛けてはいけない!

と言う箇所があります。

 

赤丸のココ↑

フライホイールを固定している部分です。

ここは油分厳禁箇所ですので絶対掛けないでください!

ここに油分を掛けると最悪突然エンジン停止して海上では二度とエンジンが掛からなくなるリスクがあります。

他機種でも同じことが言えますのでお見知りおきを。

 

 

お次は駆動系です。

ペラ軸、ラインの巻き込みなども無く問題無し。

 

インペラは約半年前に交換しており検水も良好ですので今回は分解しません。

 

シャーピンOK

 

ギヤオイルを交換します。

角軸ドライバーを使ってスパナで回します。

普通に回すと

固い、回らない~!

というドレンボルトも嘘のように簡単に回りますョ。

写真のドライバーは水栓用のドライバーです。

水栓ドライバーは大型のマイナスドライバーなのでギヤオイル交換にもってこいです。

 

ギヤオイル交換におすすめの角軸水栓ドライバー↓

 

 

ギヤオイル白濁無し。

 

新しいギヤオイルを注入

 

シフトレバーのグリスアップをしておきます。

 

燃料系の清掃もしてバッチリ安心して使えるようになりました。

 

交換した部品

ご利用ありがとうございました。

ゴムボくらぶが使ってる船外機メンテナンスの必須アイテムのご紹介!

 

●おすすめの耐水グリース

一般的な耐水グリースより粘度が高く持ちが良いです。

 

●80g用のグリースガン

エンジン下の首周りなど、グリースニップルからの注油に使用します。

ジャバラの状態で入れて使えるので綺麗に使えて便利です。

上記の80gグリースで使えるのでグリースガンとセットで持っておくと便利です。

 

●液体ガスケット

自己メンテナンスをする人には必須アイテムである液体ガスケット。

乾くのに1日程度掛かりますが硬化後の密着力が強く1215がお勧めです。

オイルシールの外周塗布にも使えます。

 

●シリコングリース

ゴム製品には攻撃性が低いシリコングリースを使うのが基本です。

オイルシールの内側やOリングなどゴム製品に塗布して使います。

 

●言わずと知れたマリンスプレーの定番です!

CRE 6-66

釣行後は錆び易い箇所にシュッっと

 

●キャブレタークリーナー

キャブクリーナーは安物が洗浄能力が低くてダメです!

私が使ってみておすすめするのはYAMAHAのヤマルーブです。

洗浄効果は勿論高く、汚れで変色したジェット類など浸け置きしておくだけで綺麗な金色に戻ります。

 

●パーツクリーナー

キャブクリーナーで洗浄したあとはパーツクリーナーでキャブクリーナーを洗い流してください。

キャブクリーナーで洗浄したのみだとべたつきますので。

 

●ピンポンチ

抜けにくいシャーピンを外す時にピンポンチがあると作業がスムーズにいきます。

釣行時の携行アイテムとして小型ハンマーとピンポンチがあれば便利ですよ!

 

●小型ハンマー

小型のハンマーですがヘッドの重さがそこそこあるので打撃力も強くコンパクトでなかなか良いですよ。

 

●ギヤオイルの交換におすすめなドライバー。

軸が四角形なのがポイント!

スパナをかけて緩めたり締めたりできます。

スパナをかけると固かったネジが嘘のように回ります。

 

●ギヤオイル交換アイテム

1Lのペットボトルに取り付けて使用します。

ホースの先端に付属のアダプター(M8×1.25)を取り付けることで、ホンダ・トーハツ・マーキュリー・スズキなど、ほぼ全メーカーのドレンボルトに適合します。

チューブタイプと比べるとドレンを閉める時に落ち着いて作業ができるのでおすすめです!

 

 

今後もおすすめアイテムがあれば追記していきます!

【あなたにおすすめの記事】